【前編】北大路翼×成宮アイコ コロナ禍で「伝説にならないで」って伝えたい

自分を守るために他人を攻撃する人々

 

――日常生活や気持ちでは、どのような変化がありましたか?

 

成宮

私、コロナが広まり始めた最初のころは、すごく幸せだったんです。自分だけじゃなく、みんなが強制的に頑張らなくていいのがとても楽で。置いていかれることもないし、ライブや朗読のプレッシャーからも解放されて、一カ月くらいは“ふわふわランド”みたいな感じでした。

 

でも、心が動かない状態って安定しているけど、何かに似てるなと思い始めて、よく考えたら、「これ、鬱だ!」って。作品を作ることは、自分の心が傷ついたものごとの原因を探しに行くことなので、あまり幸せじゃない行為かもしれないですが、逆に穏やかすぎても鬱になるって気づいて、空しくなりましたね。北大路さんは?

 

北大路

僕は余計怒りっぽくなった。もともと人間不信だったけど、それがかなり増した感じ。コロナ禍で人間の嫌なところばかりが目立つようになってきた。みんな自分勝手過ぎるよ。自分勝手というのは、マスクをせずに出歩くというような低いレベルの話ではなく、むしろそれを取り締まる側を自分勝手だと呼んでいる。

 

僕、ポリコレみたいなのが大嫌いなんだけど、正しいことって言うのが恥ずかしいじゃない。言わずもがなのことが正義であるべきなのに、わざわざ声高に言うっていうのは、恥じらいがなくて嫌だな。

 

成宮

声高に言いたがるし、便乗したがる。関係ない他人のことなのに。

 

北大路

人のセックスの話ばっかりしてさ、くだらない。いいじゃん、芸人が不倫するに決まってるじゃねえか(笑)。ああいうのは、自分に矛先が向いちゃうのが怖いから、他人を攻撃し続けているんだろうな。

 

成宮

それは、すごく感じます。例えば、座間事件のこともいろいろ考えているけれど、でも一言では言い切れないし、140文字ではとても足りなかったからツイートをしないでいたら、「何も思わなかったの?」みたいに言われることがあるんです。瞬発力と明確さをもって表現しないと、何も考えてない人扱いされるのかってびっくりした。

 

北大路

言ったら言ったで揚げ足取られたりするっていう(苦笑)。総監視社会だから、その風潮はこれからますます強くなると思う。そういうのがプレッシャーになって、苦しさになるのかもしれないな。

 

成宮

私も昨日ライブだったんですけど、宣伝が難しいなって。だから、前に宣伝したのを一回リツイートして、自分でビビッて消しました(笑)。

 

北大路

「あいつら、こんな時期に人集めてるぞ」って言われるからね。身内だけならいいけど、オープンで人を集めちゃうとさ。そういうのを面白がる人間がまたいるんだよ、監視してるやつが。楽しそうなことやってると、ひがんで文句言ってくるんだよね。

 

成宮

正解はひとつではないのに。

 

後編に続く