つけまをめぐる冒険!新宿二丁目で作家・山下紘加さんとデートなう♡【前編】

 

近くにある店のドアを、ヒロカは開けた。

 

「こんばんはー! 二人なんだけどいい?」

「ああ、ヒロカちゃん、いらっしゃい! どうぞどうぞ」

「飲み物はカシスウーロンと、リク君はビールでいい? あと着替え部屋、借りるね」

「はーい」

 

この店の常連でもあるらしいヒロカは、店内の一角に僕を連れて行った。

 

え、何ここ、洋服やウィッグがたくさんある。……。

 

「どれがリク君には似合うかなあ……」

 

「このチャイナなんかも似合いそう!」

 

「ねえねえ、リク君はどれがいいと思う?」

「そ、その左手に持ってるやつかな……」

 

「OK! はい、じゃあ次。座って!」

「ね、ねえ、何を……」

「いいから!」

 

「ちょ、ちょっと……」

 

「あ、あの……」

 

「動かないの! もう少しだから我慢して。最後につけまをつけて、はい終わり! 鏡の前に来て」

「……」

 

映っていたのは、自分とはまったくの別人の女性だった。だが僕が動くと、その女性も同じように動く。間違いなく自分だった。

 

「ねえ、これって……?」

「あなたよ。すっごくかわいい。自分でもそう思わない?」

「……」

「リク君、くよくよしてたから、元気になってもらいたくて。ほら、こんなに素敵なんだから、自信持ってね」

 

客席に戻ると、店員やほかのお客さんも寄ってきて、口々に「いやだ、かわいい!」「絶対モテる!」「似合いすぎて悔しいんだけど!」と感想をくれた。先ほどまでの戸惑いはいつの間にか消え、これまでになかった喜びが体の奥から込み上げていた。

 

「じゃあ、行こっか?」

「どこに?」

「二丁目、初めてなんでしょ? 私の行きつけの店、いろいろ連れてってあげる」

「僕は、この格好のまま?」

「当り前じゃない! さっ、早く!」

 

ヒロカに手を引かれ、僕らは夜の街へ飛び出した。

 

 

 

 

 

 

そこからはあまり記憶がない。ヒロカと何軒かはしごし、空が明るくなるまで飲み歩いた気がする。目を覚ますと自分の部屋だった。窓の外には夕焼けが広がっている。

 

「やっべー、会社!?」

 

飛び起きて、今日が休日だったことを思い出し、安堵した。強烈な頭痛がする。水を飲み、目をこすると、手にメイクがべっとりついていた。洗面所で顔を洗おうとして、僕は絶叫した。手に毛虫がついていたのだ。

 

それがつけまつげだと気づかず、手をぶんぶん振りまわしているとき、枕元に置いたスマホが鳴った。ヒロカとLINEを交換したことすら覚えていない僕が、メッセージを見て歓喜したのは、悪戦苦闘の末に何とかメイクを落とし終えた後のことだった。

※後編へ続く

 

 

新作情報

山下紘加さんの新作『クロス』が掲載される「文藝2020年春季号」は2020年1月7日発売です! ストーリーは今回の「デートなう」の設定とリンクしているのでお楽しみに!

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309979892/