佐野研二郎氏だけじゃない! 作家・佐野眞一氏のパクリ疑惑を追及した一冊

4438889560_ebe4c5919f_o

 

1日、デザイナーの佐野研二郎氏が制作した2020年東京五輪の公式エンブレムの、使用を取り下げることが正式決定した。これは同日、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長と、審査委員代表の永井一正氏、そして佐野氏を交えて話し合い決めたもの。

 

発表後、佐野氏は公式サイトを更新。デザインが酷似しているとして裁判沙汰になっている、ベルギーのリエージュ劇場のロゴからの模倣や盗作を完全否定し、自身や家族への誹謗中傷やプライバシー侵害が続いていることが取り下げの理由だと説明した。

 

しかし前月には、佐野氏が手掛けたサントリーのキャンペーン用トートバッグの30種類中8種類で、部下が第三者のデザインをトレースしたことを認め、取り下げる事態に。そのほかにも、同氏が手掛けた幾つものデザインで模倣疑惑が指摘され、ネットでは炎上状態となっている。

 

連日、世間を騒がせているこのニュースだが、同じ佐野の姓を持つ人物の盗用疑惑が、2013年に出版業界で巻き起こったことをご存じだろうか。

 

sponsored link

 

佐野氏とは、ノンフィクションの巨人と言われる佐野眞一氏。1997年に『旅する巨人 宮本常一と渋沢敬三』で大宅壮一ノンフィクション賞を、2009年に『甘粕正彦 乱心の曠野』で講談社ノンフィクション賞を受賞。数十万部のベストセラーになったソフトバンク社長の伝記『あんぽん 孫正義伝』、犯罪史に残る事件を追った『東電OL殺人事件』など、数々の話題作を発表し続けてきた、“巨人”と称されるノンフィクションライターだ。

 

そんな佐野氏が、これまでに多くの盗用を行ってきたと主張している本が、『ノンフィクションの「巨人」佐野眞一が殺したジャーナリズム 大手出版社が沈黙しつづける盗用・剽窃問題の真相』である。

 

 

事の発端は、佐野氏が「週刊朝日(2012年10月16日発売)」で連載を開始した、橋下徹大阪市長(当時)のルーツに迫った「ハシシタ 奴の本性」だった。差別や偏見を助長する内容に橋下氏は猛反発。第一回目にして連載は打ち切りになり、謝罪をすることとなった。

 

その後、東京都の猪瀬直樹副知事(当時)のツイートが話題となった。

 

inose

 

さらに猪瀬氏は、佐野氏の盗用疑惑に関する情報を次々と発信。それを受けて、WEBメディア『ガジェット通信』が『佐野眞一氏の「パクリ疑惑」に迫る』とした短期連載を始めたり、実際に佐野氏から盗用・謝罪されたというノンフィクションライター・溝口敦氏が、同氏からの詫び状を公開したりと、騒動は収束するどころか大きくなる一方だった。

 

1
溝口敦氏の著書から、佐野氏が盗用したとされる文章。ガジェット通信短期集中連載~「ノンフィクション界の巨人」佐野眞一氏の「パクリ疑惑」に迫る(第1回)~より

 

3
佐野氏が溝口氏に宛てた謝罪文の一部 溝口敦氏WEBサイト「溝口敦の仕事」より

 

 

しかし、一部を除いた週刊誌が軒並み黙殺したことから、業界の自浄作用を目的として、溝口氏の発案によって『ノンフィクションの「巨人」佐野眞一が殺したジャーナリズム 大手出版社が沈黙しつづける盗用・剽窃問題の真相』が発刊される運びとなった。

 

この事態に、佐野氏は月刊誌『創(2013年4月号)』に、『「無断引用」問題をめぐる最初で最後の私の「見解」』と題した文章を寄稿。かつて盗用をしたとされる溝口氏、赤瀬川原平氏、石牟礼道氏らに謝罪もしくは謝罪済みであるとした上で、以下のような釈明を行った。

 

 

「化城の人(※)」で使用した参考文献は、単なる引用と言うより、私の地の分と混然一体になっている箇所が多い。その意味から考えても、やはり初出時に典拠は書いておくべきだった

 

※佐野氏が2011年から「週刊ポスト」で連載スタートした、創価学会や会長の池田大作氏に迫ったノンフィクション。「ガジェット通信」で盗用を指摘されている

 

 

先行文献の一部に影響されるのは、多様な著作から刺激を受ける執筆者としては、いわばごく自然なことである

 

 

人が調べた事実であっても、それが「既知」の事実であるなら、少なくとも著作権法上の問題はないと考える。著作権法が規定するのは事実でなく表現である。だから事実を報道しているという見地に立てば、出店の明示は必ずしもマストではない

 

それに対し、『ノンフィクションの「巨人」佐野眞一が殺したジャーナリズム 大手出版社が沈黙しつづける盗用・剽窃問題の真相』の中で、溝口氏は佐野氏の釈明文を「物書きとして一度ならず二度、三度(それ以上)と盗用して、恥ずかしくないのだろうか」「自己弁護に終始した無残な文章」「著作権法を盾に開き直った」と一刀両断。

 

また、佐野氏が盗用をしたとされる記事と盗用元の記事を照らし合わせた対照表や、ノンフィクションライターたちが本件や佐野氏に対して意見を述べる座談会、盗用作品を出した出版社への公開質問と回答、法律の専門家による見解など、佐野氏を徹底的に断罪する内容になっている。

 

 

クリエイターが何かに着想を得て、モノづくりのヒントにすることは珍しくない。むしろ、様々なクリエイティブが溢れている世の中において、何からも影響を受けずに創作を行うことはできるのだろうか? だとしたら、どこまでがセーフで、どこからがパクリになるのか?

 

様々な議論を巻き起こした東京オリンピックのエンブレム騒動。デザイナーも物書きも、クリエイターであれば誰もが巻き込まれる危険性をはらんでおり、決して他人ごとではないという喚起にもなったはずだ。今回紹介した一冊や騒動も同様に、「パクリ」とは何かについて、考えるきっかけになるだろう(文・コエヌマカズユキ)。

photo by library images2010