【前編】文学好きに愛されるフォークシンガー・世田谷ピンポンズさんの魅力

高円寺・文禄堂でのライブ風景

 

フォークシンガーとして活躍する世田谷ピンポンズさん。文学への造詣も深く、小説をモチーフにした曲作りや又吉直樹さんとのコラボも行っている。そんな彼の音楽は、多くの文学好きを魅了してやまない。

 

フォークと文学。一見すると無関係なように思える2つが、どのように結びついているのか。インタビューを申し込むと、快諾いただいた。

 

待ち合わせは銀座。世田谷ピンポンズさんが敬愛する作家・上林暁ゆかりの改造社ビルの前でお願いした。夕暮れ時の銀座の街を散歩しながら、文学や音楽への想いを語ってもらった。

 

世田谷ピンポンズさんと文学の出会い

 

フォークシンガーの世田谷ピンポンズさん

 

――世田谷ピンポンズさんは、小説家の中でも特に上林暁さんがお好きなのですよね。読まれるようになったきっかけは何だったのですか?

 

昔、東京の書店で働いていたのですが、『星を撒いた街』(夏葉社)が入荷したときに装丁に惹かれて、ずっと気になっていたんです。その本の撰者である山本善行さんは、京都で『善行堂』という古本屋をされていて、僕もちょうど4年前に京都に引っ越しまして。

 

『善行堂』にうかがったときに、いいタイミングかもしれないと思って、手に取って読んだらすごく自分にしっくり来たんですよね。自分の生活圏にある古本屋さんが選んだ、というのもより身近に感じましたね。

 

 

――上林暁さんだけでなく、文学全般に造詣が深くて、歌のモチーフにもされていますよね。いつ頃から文学に興味を持たれるようになったのでしょう?

 

本を読むのは昔から好きだったのですが、どちらかといえば漫画やサブカルが好きだったんです。歌をひとりで歌うようになって、あるとき酔っぱらった先輩から「お前もっと文学とか詩とか読まなきゃ駄目だよ」と言われて。

 

それまで太宰や芥川などのベーシックなものも全然読んでいなかったんですね。それで試しに読んでみたら面白くて、それからどんどん近代文学を読むようになりました。

 

上林暁

1902年10月6日、高知県生まれ。小説家。1927年、東大英文科卒業、改造社入社。編集者の傍ら同人誌「風車」を創刊。33年、第一創作集『薔薇盗人』刊行。34年、改造社を退社し、以後筆一本の生活となる。38年発表の「安住の家」から私小説に己が文学の道を定める。62年、二度目の脳溢血を起こして半身不随となるが、妹・徳広睦子の献身により口述執筆を行い、63年「白い屋形船」(読売文学賞)、73年「ブロンズの首」(川端康成文学賞)等の秀作を遺す。1980年8月28日没。