【前編】第52回文藝賞「ドール」山下紘加さん 受賞作は“ラブドールから出発した青春小説”

1

 

「文藝」2015年冬号(河出書房新社)において、第52回文藝賞・受賞作が発表された。応募総数1786篇の中、受賞作となったのは山下紘加さん(21歳)の「ドール」。

 

物語は、少年が自分だけの人形であるラブドール・ユリカを手に入れ、そして“彼女”を巡って大きく展開してゆく。性、欲求、混乱――少年の錯綜する心の中に、ひっそりと存在するラブドール。

 

ピュアで歪んだ少年心理を描き切った若き女性作家に、受賞作「ドール」について、さらに小説に対する想いや私生活に至るまで伺った。

 

sponsored link

 

書いていくうちに少年の世界が自分の中で広がっていった

 

―はじめに受賞の感想を聞かせてください。

 

受賞と聞いたときは、本当に驚きました。最終候補に残ってから発表までは、あまりいろいろと考えないようにしていたので、(受賞とわかったときには)ただただ驚いた、という感じですね。今、こうして本になって、本当に嬉しい気持ちです。

 

 

―“ラブドール”という題材はなかなか刺激的ですが、着想を得たきっかけを教えてください。

 

映画などでラブドールが扱われているものを観たこともあって、なんとなく自分の中で、(題材にして)書きたいという思いがありました。

 

 

―実は取材前にラブドールをインターネットで検索してみたんですが、結構リアルですよね……。

 

生々しいですよね(笑)。私も書く前にかなり詳しく資料を見たり、画像を検索したりしました。途中で嫌になるんですけどね、「私は何をしているんだろう?」と思って。

 

 

―本作品では、学校でのいじめ、性、少年の複雑な感情など、多くのテーマが扱われています。このように、物語に多様な内容を取り入れることは、あらかじめ決めていたんですか?

 

“いじめ”は何となく入れようと思っていましたけど、その他のことは、書いていくうちにだんだん少年の世界が自分の中で広がって、それで書いていったという感じです。ラブドールというところから出発はしましたが、青春小説のようなものになっていけばいいな、と思いながら進めていきました。

 

 

―舞台を中学校に選んだ理由は?

 

イメージしていたのが中学生だったからです。「ラブドールを持っている中学生」という設定で書きたかったので。



 

共感できない、でも登場人物一人ひとりに思い入れがある。

 

―物語の登場人物たちは皆、個性的で、全面的には共感するのは難しい。けれど、部分的にはどのキャラクターにも共感できて、そこがこの小説の面白いところだと思いました。山下さん自身は、どの登場人物に一番共感できますか?

 

わたしも部分的には共感できますけど、全体的にはどの登場人物にもあまり共感できないです(笑)。でも、全部気に入っているキャラクターなので、一人ひとりに思い入れはあります。特に長谷川は気に入っています。

 

 

―長谷川の印象は強烈でしたね。

 

長谷川はもともと書こうと思っていなくて、途中から出てきたキャラクターなんです。長谷川が出て来たときは自分が乗ってきた瞬間でした。

 

 

―そうなのですね! 物語で重要な役割を担う長谷川が、執筆の途中で生まれたというのは驚きです。山下さんの創作スタイルは、あらすじは決めないで、書きながら決めていくスタイルですか?

 

全体の流れは決めます。最後の終わり方とかも決めて、途中で流れが変わりそうだったら、その方向に変えていきますね。

 

 

―登場人物の話に戻りますが、僕は主人公・吉沢の執着心や極端な思考にすごく共感できました。山下さんも、吉沢のように何かに強く執着することってあるんですか?

 

私自身は執着心が薄い方だと思います。でもだからこそ、小説の中ではそういうものを書きたいんです。

 

 

―そうなんですか、意外でした。ではそういう意味では、吉沢とは反対?

 

はい。でも気持ちはすごくわかります。(取材・文 西川卓也)

 

※後編に続く