【後編】地上波NGの過激中東ネタが炸裂。イスラム教徒芸人が坊主バー&牧師バーで大暴れ?

1

 

※前回の記事はコチラ

 

坊主バー&牧師バーの名物に、「説法タイム」がある。5分~10分程度、お坊さんや牧師さんがありがたいお話(=説法)をする時間だ。この説法タイムを楽しみに来るお客さんも多い。

 

今回は特別に、藤岡さん、中村牧師、サラミさんの3名に説法をしていただいた。史上初のスペシャルコラボバージョン。この日のお客さんは、もれなくご利益の過剰摂取というレアな体験をすることとなったのだ。

 

お坊さんのありがたい説法

 

まずは坊主バー代表・藤岡さん。お経を唱えてから説法スタート。

 

5

 

浄土真宗の根本には「他力」という考え方があるという。「他力」とは、決してなんでも他人任せにするような「怠け」の意味合いではない。人間は「はからう」生き物であり、よりよく生きていこうとすることで、時に自分を苦しめてしまう。

 

いまこの瞬間ではなく、「過去」と「未来」のことに振り回されてしまいがちになる。しかし、「アホ(愚)」になって、考えてもダメなものは仏様にお任せするという「他力」の考えは、悠々と生きるためのヒントになり得るという。

 

将来への漠然とした不安に襲われたときや、過去の黒歴史に苛まれたときの対処法として活用できそうな考え方だ。

 

牧師が説く神様の愛

 

次に牧師バー代表・中村さん。

 

6

 

中村さんがお話ししたのは、「尋ね犬」のエピソード。ある日中村さんが街を歩いていると、チラシが大量に張ってあった。それは尋ね犬の張り紙で、犬には多額の懸賞金が懸けられていた。

 

どんなに価値のある立派な犬なのだろう、とその犬の写真を見ると、間抜けな顔の雑種であった。さらに、その犬の特徴の欄には「よく吠える」「すぐ嚙む」「うす茶色(もともとは白かった)」などと書かれており、明らかにダメそうな犬。

 

「金銭的な価値は無い。他人から見たらクズのような存在。それでも、飼い主からするとその犬じゃなきゃダメなんです。キリストも同じで、クズのような存在を救うために、十字架にはりつけられたのだ」と悟ったのだそう。「イエスの血だらけの愛で、私たちは必死に愛されているんです。あなたがあなたであるだけで価値があるんです」と、愛と力のこもった言葉が聞く人の心に沁みる。