【第3回】月子を甲子園に連れてって 第11回出版甲子園グランプリへの道 明暗が分かれた2人

tsukiko

 

締め切り間際にドタバタがあったものの、無事に企画の応募が完了したそーたとみもりん。一次審査の結果が発表されるのは、7月下旬とのこと。果たして2人の企画は通過したのだろうか?

※ 前回の記事はコチラ

 

 8月に入り、早速二人に集まってもらった。場所は新宿の焼き鳥屋。とりあえずはお疲れ様、ということで、慰労会を兼ねての結果報告会である。

 

1

 

まずはみもりんの結果発表から。「レオン革命」の本の企画から、締め切り当日に急きょ方向転換。最終的にみもりんが応募したのは、「ともだちづくり―カオスな女子寮はうってつけ」というエッセイ本の企画だ。

 

内容は、人付き合いが苦手だった彼女自身が、寮生活を通じて友人関係の大切さを学び、新しい自分に出会うことができた。そんな体験を、様々なエピソードを交えながら、面白おかしく描いたエッセイだ。

 

 

さて、結果は……

 

みもりん「ダメでした」

 

えっ? つまり……

 

みもりん「落ちてしまいました……」

 

……はぁぁ、残念! 残念! 残念!!

 

出版甲子園の実行委員会から、落選理由についてメールが届いていたそうなので、早速見せてもらう。それによると、女子寮という題材は興味深いものの、内容が個人的な体験談に終始している印象が大きく、一般ユーザーが購買者になることが想定しづらい。

 

また、女性のコミュニティを描いた類書は多くあるため、差別化となるアピールやメリットが必要だが、みもりんの企画はその部分で弱かったという。仮に初版5000部で書籍化した場合、売り切るのは難しい、という見識だった。

 

「悔しいです……」とみもりん。敗因について、「レオン革命の企画は、誰も思いつかなくて面白いだろうな、って感じで始めちゃったんです。けど、最初からもっと自分に書けそうな企画を考えておけばよかった。そーた君を見てたらずっとそうしてたから、私もマネしておけばなー」と振り返った。

 

そしてみもりんは、もしそーたが決勝まで進んだら、チアリーダーのコスプレをして応援に駆け付けることを宣言し、結果報告を締めくくった。

 

2100707400_94c1113699_z
photo by dragonsfanatic

 

 

みもりんの夏、ここに終わる。