【ひとり出版社vol.1】人生という旅の道しるべとなる本を『旅と思索社』廣岡一昭さん

1

 

今年に入って、出版取次会社や大手書店の倒産が相次いだ。若者の読書離れが進み、雑誌をはじめとした紙媒体の売上部数も減っている。今、出版業界の先行きは厳しい。

 

sponsored link

 

しかし、それにも関わらず、一人で出版社を立ち上げる人が増えている。通称「ひとり出版社」。取次を通さずに書店と直取引をするなど、出版の新しいカタチを「ひとり出版社」が体現しつつあるのだ。

 

「旅と思索社」の代表・廣岡一昭さんは、“人生という旅に道しるべとなる本を残す”ことを目的として、2014年にひとり出版社を設立。昨年、初めての出版物『二十世紀酒場(一)』(多田欣也著)を刊行した。

 

校正、編集、営業、経理など、大半のことを一人でしなければいけないひとり出版社という試み。あまりにも大変そうだが、なぜその道を選んだのだろうか。ひとり出版社という働き方やこれから出したい本、出版業界への想いについてお話を聞いた。

 

旅を通じて見えてきた進むべき道

 

―出版社をされる前は、どういうお仕事をされていましたか。

 

母が地元の書店で働いていたこともあり、子どもの頃から本のある環境で育ちました。読書が好きだったので、就職は取次の関連会社に。そこでは営業を担当していました。お客様は全て出版社で、業界の話を聞きながら仕事をするうちに、出版に対する思いが募り始めたんです。

 

 

―どういったきっかけで出版への思いが生まれたのですか?

 

本は自分の思いが形になったものですよね。例え2-3人の小さな出版社でも、思いがこもった本をきちんと作って、書店で販売してもらうことができる、ということに感激したんです。

 

 

―それが出版社の設立に繋がっていったのですね。設立までにどういう経緯があったのでしょう。

 

出版への想いを捨てきれないまま仕事をしていたのですが、総務へ異動になってから激務で体を壊し、退職することに。バス会社で2年間勤務した後、また出版業界に戻ってきたんです。2つの出版社で働いて、記者や編集、営業を経験しました。

 

出版社設立のきっかけとなったのは、東日本大震災を経験したこと。その時に、「仕事って何だろう?」と考えるようになったんです。働き詰めだったこともあり、一ヶ月休みをもらって一人旅でアメリカに行きました。

 

のんびり旅をする中で、今までの人生を整理してみたら、何か違うなと。当時、40歳だったのですが、「流されてここまで来てしまったのではないか」と思ったんです。

 

それがきっかけで、帰国後は新しいことにチャレンジしたいと思うようになりました。そして2013年の夏に会社を辞め、その半年後に「旅と思索社」を設立したんです。

 

思索しながら本作りと向き合いたい

 

―社名の由来を教えて下さい。

 

アメリカに行ったときだけでなく、私は何かあるごとに一人旅に出ていたんですね。旅は自分を見つめ直すきっかけになり、次に進む道しるべを示してくれる気がするんです。私にとっては、その道しるべを作ることが本作りなのかなと。それでテーマを「旅」にして、社名にも入れたんです。

 

 

―「思索」は、どういう意味を込めて付けたのでしょうか。

 

かつて出版社に入ったとき、「あんな本やこんな本を作りたい」と胸を躍らせていました。でも気づいたら、本作りをただ仕事としてこなすだけになっていたんです。考えているようで、何も考えていなかった。本作りを疎かにしていたことに、独立して初めて気づいたんです。

 

そこで、これからはもっと深く考えて本づくりに取り組めるように、「思索」も社名に入れることにしました。会社名を読むたびに、自分への戒めとなるようにもしています。

 

 

―初めての本、『二十世紀酒場』が出た経緯を教えて下さい。

 

弊社のオフィスがある「ちよだプラットフォームスクウェア」の交流会で、人に紹介されて、著者である多田欣也さんと知り合いました。

 

彼はお酒が好きで、飲み屋に行く度に、お店のスケッチとエッセイ風の文章を書いていたんです。読ませてもらうと、ガイドブックとは違った面白さを感じました。作者というよりは客の視点で描かれていて、それが人間臭くて良いなと。

 

私自身も初めて酒場に行った時に、今まで知らなかった社会の一端に触れられて嬉しくなった経験があります。本を通じて酒場の良さを皆さんに知ってもらい、実際に行ってもらえればという思いから、『二十世紀酒場』を刊行しました。

 

誰でもひとり出版社を始められる

 

―ひとり出版社の良さを教えて下さい。

 

私ひとりなので、自分が出したいと思った本を作ることができます。社員が増えたら、会社を維持するために、好きな本以外も作らなければならない。それは自分のしたいことではありません。だからこそひとり出版社でいたいですし、会社を大きくするつもりはありません。

 

 

―御社では「Tabistory」というウェブマガジンを運営されていますが、なぜ始められたのでしょうか。

 

自分と同じように、旅が自分の生き方に直接リンクする方がいるのではないかと思い、ちょっと変わったテーマで旅をしている連載を読んでみたくて作りました。今は、温泉を巡る旅や海外ひとり旅の記事などを公開しています。

 

 

―今は、出版とウェブマガジン「Tabistory」の二つで経営が成り立っているのでしょうか。

 

ウェブマガジンのマネタイズはできていません。色んな知り合いの繋がりでライターさん達と出会い、ボランティアで書いてもらっています。

 

 

―では収益は、出版のみということでしょうか。

 

いえ、現在は骨董の雑誌を作っている出版社から、業務受託で営業事務の仕事も引き受けています。刊行点数が増えるまでは、出版業をメインにすることはできないと思います。

 

でもひとり出版社というのは、他の業種で働いている方でも、本業の傍ら本を出すことができるんです。好きな本を出したかったら一人でもできるよ、という見本になるかなと思っていますね。

 

 

―ひとり出版社を始めるにはどうしたらいいのでしょう?

 

ISBN(書籍を流通させるための番号)は個人でも取れますし、本の作り方をキチッと身につけ、販売の計画を立てれば、誰でも本を作れる時代です。編集者が会議で企画を却下されても、自分が本当に面白いと思えば、一人で出版すればいい。自分の能力も試せるし、もしかしたら社会に求められる本を作れるかもしれません。

 


 

売れる本より、自分が作りたい本を出版したい。

 

―刊行点数の目標があれば教えてください。

 

今後は、3ヶ月に1冊は出したいと思っています。今年5月に『二十世紀酒場』の第二弾を出す予定で、その前後に写真集の出版も考えています。

 

 

―次も、旅に関わる本を出すのでしょうか。

 

最初は旅の本を作る目的で起業しましたが、だんだん本作りに対する考えが変わってきています。旅というより。生きていくための道しるべになるような、人生の役に立つような本を出していきたい。ですからいずれは、旅だけに捉われない本を出していければと思います。

 

 

―出版業界の改善すべき点をどう考えておりますか。

 

本が売れなくなったので、出版社は本の点数を増やして資金繰りをしています。しかし、売上を確保する目的だけで本を出してもいいのか。本当にこの本は出す価値があり、皆の為になるのか。今の出版業界はそこまで考えていることが少ない気がします。

 

以前勤めていた出版社の先代社長から、「売れなくても出さなきゃいけない本を出せ」と言われたことがあります。その本を出す意味があると思ったら出せと。私も、自分が出したいと思った本を作っていきたいです。

 

 

―ありがとうございました。最後に読者の方へメッセージをお願いします。

 

今はストレスもなく、楽しくやっています。色々やりたいことが増えていくけど、お金がないなーと(笑)。でもお金がないなら、ないなりに考えますね。そこが楽しいところです。

 

今の若い人は、最初から悲観してしまって、新しいことを始めようとする気持ちが生まれにくいのかなと感じています。だから紆余曲折な人生を送っている私のような人間でも、本を出して、皆を元気にできるような仕事をしていますよ、ということを皆さんに示していきたいです。

 

*

 

利益よりも、自分の想いを優先したはたらき方、ひとり出版社。本当に出す価値のある本を出版すべく、廣岡さんのような本好きの人たちが立ち上がり、読者に届けようとしてくれている。

 

出版がもっと身近になること。それが、出版業界が生き抜く方法の一つであるかもしれない。隣のおじさんが生まれた町の歴史を自費出版したり、近所のおばあちゃんが自分の培ってきた知恵を書いた本がベストセラーになったり…。少し先の未来では、それが当たり前になっているかも。

 

今はほんの序の口にすぎない。出版業界が新たなカタチとなって生まれ変わる瞬間に、私たちはいま立ち会っているのだ。(取材・文 平賀たえ)

 

『旅と思索社』WEBサイト

http://tabitoshisaku.co.jp/

 

WEBマガジン『Tabistory』

http://tabistory.jp/