【ひとり出版社Vol.3】本作りという不自由さの中に価値がある『左右社』小柳学さん

1

 

「ひとり出版社企画」第三弾。今回は、渋谷にある小規模出版社「左右社」にお邪魔した。代表の小柳学さんは、2005年に左右社を設立。10年以上に渡って哲学、小説、エッセイ、写真集など、幅広い内容の本を出版している。

 

sponsored link

 

年間で約30冊の刊行に加えてウェブ連載にも力を入れており、先日は4人の詩人たちがリレー形式で綴った連詩『地形と気象』を発売。本、ウェブを通して様々な価値観を届けてくれる左右社。設立の経緯や社員を増やした理由、今後の取り組みなどのお話を伺った。

 

仲間と一緒に作る方が楽しくなってきた

 

― まずは、「左右社」の設立に至った経緯を教えて下さい。

 

大学生の時はマスコミ系への就職を希望していましたが上手くいかず、卒業後はトラックの運送会社で働きました。それから友人の縁で編集の仕事を始め、『アサヒグラフ』という雑誌に携わるように。

 

その後は新書館という出版社に10年勤め、三浦雅士さんのもとで修行しました。ずっと編集者として働いてきて、今度は一人でどれだけできるのか試したいと思い、「左右社」を立ち上げたんです。

 

 

現在、社員の方は何人いらっしゃるのでしょうか。

 

私を含めて社員は5人です。それにアルバイトが1人と、カメが2匹います。

 

 

― カ、カメがいるんですか?

 

ええ、タイトルや装丁のデザインで迷った時は、左の水槽にいるカメ吉に相談しますね。右のカメ坊はまだ見習いです。

 

IMG_1590

 

― そうなんですね! お一人で会社を立ち上げられた後、社員を増やされたのはどのような経緯があったのでしょうか。

 

社員は、設立して4年後に一人増えました。最初は一人でやりたいと思いましたが、やはり沢山の人数で本を作ったほうが面白かった。仲間と一緒にやると、本が売れたときは人数分だけ嬉しいんです。それも5人いたら×5ではなくて、嬉しさは1×2×3×4×5になります。今は、もう一度ひとりで出版社を始めたいという気持ちは全くないですね。

 

先日、新しく出来た本に著者の方からサインをもらったのですが、「本当に魅力的な人たちが集まった会社ですね」と書いていただき、嬉しくて涙が出ました。

 

 

― 御社では、どのように本を流通させていらっしゃいますか。

 

ISBN(書籍を流通させるための番号)はすぐに取れますが、取次に頼むのは大変でしたね。弊社はニッパンさん(日本出版販売)と、トーハンさんに6年ほど前からお願いしています。

 

 

― 本の企画は、何を基準にして作られているのでしょうか。

 

企画を出す際、テーマは特に決めていません。”世の中の役に立ち、読者の人生を応援する本であるかどうか”を重視しています。一人ひとりの中に企画ってなくて、僕や編集者、営業がいて、この辺(頭上)にある。話しているうちに思いつくことがありますね。企画というのは、相手の言葉にゆさぶられ、ゆさぶり返す、その関係性の中から生まれてくるものなんです。

 

 

働くことは、経済を回すこと

 

― 小規模出版社ならではの良さを教えて下さい。

 

大きい出版社だと、一冊の本を出版する時にチームで動くことは少ないと思います。しかし弊社ほどの小規模であれば、皆が一冊に関わるんです。だから完成した時は、達成感を分かち合うことができますね。本は一人で売るのではなく、皆で売るものなんです。

 

 

― 今後は、どのような本を出されていきたいですか。

 

たくさんありますが、一つに、これからビジネス書も出していこうと思っています。ただしスキルアップのようなものではなく、「働く」ことにフォーカスした本です。

 

 

― 理由を教えていただけますか。

 

平賀さんは、働くってどういうことだと思いますか?

 

 

― ……やりたいことを、やるってことですかね?

 

違います。働くというのは、経済を回すということです。10年以上会社を運営してきて、社会貢献って、まず第一に経済をうまく回すことだと思うようになりました。弊社が赤字になって潰れたら、取引先には迷惑かけるし、社員は路頭に迷うしで、全く正反対の結末が待っている。

 

社会の循環を良くすることが、住みやすい環境を作り、生きやすさに繋がります。だから経済を回すために、働くことを応援するビジネス書があってもいい。一度、躓いてしまった人でもやり直せるような、新しい視点で「働く」ことにフォーカスした本を届けたいですね。

 

 

― 出版業をされる中で、現代において本の役割は何だと思いますか。

 

本て、不自由でしょ?

 

 

― ……と、言いますと?

 

ウェブは、一人でも発信できます。でも、本は一人では作れません。出版する時は、編集、営業など、色んな人が関わりますよね。そのうち誰か一人でも、「この企画はムリですよ」と言った途端に出せなくなる。複数の人間が関わることはある意味不自由ですが、その中にこそ価値があります。

 

それぞれ自分の価値観を持った人たちと仕事をしますから、本にどうしても入れたい内容があっても、賛成を得られないことがありますよね。その部分は削ぎ落して編集していく必要が出てくるんです。

 

しかしその作業を経ると、最後は根源的な部分に近づく。皆の合意を得ていくわけですから、本の中に、共通して思っていることが残るんですよ。それは、皆の頭上にあります。本は企画と同じで、話し合ってこそ完成するものなんです。




 

言葉は最大の贈り物

 

2

 

― 現在、順調に本を刊行されていますが、一人で起業して会社を軌道に乗せていくコツを教えていただけますか。

 

設立して最初の1-2年は仕事を取るため、いつも朝方に帰っていました。夜の12時半ごろ、ご飯を買いに外へ出ると、サラリーマンの方とすれ違うんです。「みんな終電で帰られていいな〜」と羨んでいましたね。この頃は「もうダメかな、人生を棒に振ったかな」と思う時が何度かありました。

 

そこから軌道に乗せていったコツは、シンプルですが、一生懸命働くことですかね。二人分働くこと。左右社を10年続けてこられたのは、これまで教えてもらったりした過去の時間が助けてくれたおかげかもしれません。それから大切なことは、いつも謙虚でいることです。

 

 

― ありがとうございました。最後に、読者へメッセージをお願いできますでしょうか。

 

本からは言葉をもらえます。その中には孟子だったり、ベートーベンだったり、何百年も前の人が届けたメッセージもある。昔の人と、今の自分が繋がるという醍醐味が本にはあると思います。

 

言葉は最大の贈り物ですね。自分を奮起させ、なぐさめ、時に戒め、時に新しい道を指し示してくれる。逆説的ですが、時に人は、言葉のために生きようとすることがあるんです。感銘を受けた人が近くにいなくても、その人の言葉はずっと自分のそばにいてくれますからね。そんな言葉たちを編んだ本を作っていきたいです。

 

 

「左」と「右」は、両方とも「助ける」という意味を持っている。この二文字が重なると「友」という字になる。つまり、助け合う存在が友なのだ。取引先や読者という友と共にあることを忘れないように天…「左右社」にはそういう意味が込められている。

 

ひとりでイチから本を創り上げる達成感を味わいたい人もいれば、皆で一冊に携わる作り方をしたい人もいるだろう。小柳さんは起業した当初、一人で作る大変さを経験したからこそ、仲間と作る今の喜びが増しているのかもしれない。

 

共同作業を大切にする姿勢は、左右社という名にふさわしい。今日も、小柳さんは最大の贈り物を乗せた本をみんなで編んでいる。(取材・文 平賀たえ)

 

連詩『地形と気象』

 

『左右社』WEBサイト

http://sayusha.com/