【募集】月吠えマスコットキャラ 月子さんを描いてくれるイラストレーター募集!

b391e7cc32dcf683454ceb44f322ebbc
「月に吠える」の看板娘の月子さん。

 

“日本一敷居の低い”文壇バーと銘打った「月に吠える」。ご存知の方もいるかもしれないが、ここには看板娘というものがいる。

 

その名は月子。妖艶でどこか可愛らしいこのキャラクターは、本WEBマガジンのバナーにも使われている。

 

ある日、筆者はコエヌマ編集長に持ち掛けてみた。

 

「月子さん関連で何か企画やりましょうよ!」

 

月子さんにもっと出番を!

 

なぜ筆者がこのようなことを提案したのか。月子さんは「月に吠える」のために生まれたキャラクターなのに、店の看板や名刺に描かれているだけで、他にほとんど出番がないからだ。

 

月子さんグッズでもあったら面白いのに、作られる気配がない。また「作家志望で、川端康成や谷崎潤一郎を愛読しているツンデレお姉さん」というプロフィールも設けてあるのに、出番がないため、認知度はかなり低いと思われる。

 

「月に吠える」をもっと多くの人に知ってもらうPR活動としても、ここは是非彼女に一役買ってもらうしかない。いや、それこそが彼女の役目ではないだろうか。

 

それだけじゃない。グッズを制作、販売し、もし大ヒットでもすれば……「月に吠える」が『日本一オリジナルグッズで儲かっているバー』で有名になるのも夢じゃないかも!?

 

二代目を募集しよう!

 

しかし、筆者の予想していた返事とは裏腹に、うーんと渋る編集長。

 

「月子さんを描いてくれたイラストレーターが、今忙しいみたいなんですよね」

 

話を聞いてみると、月子さんの生みの親であるイラストレーターが、本当の娘を生み、育児のため活動休止しているのだ。復帰もいつ頃になるか分からないらしい。

 

デザインを担当してくれる人がいなければ、月子さんのグッズを作ることもできない。(筆者は非常に月子グッズが欲しい)。 せっかくの看板娘を全然活かすことができないのも、もったいない。

 

どうしようもなく歯痒い思いをしていたその時、編集長からまさかの提案が。

 

「じゃあ二代目のイラストレーター、募集しましょうか?」

「に、二代目イラストレーターですか……!?」

「そう。オーディションしましょう」

 

新しく月子さんを描いてくれる人を見つかれば、グッズはもちろんのこと、このWEBマガジンで彼女のキャラクターを活かした企画を行うことも可能である。もっと月子さんが活躍できるということだ。

 

これは、やるしかない!

 

というわけで、二代目月子さんイラストレーターの募集開始である。

詳細は以下に(文・小糠あお)。

 

 

月子さんを描いてくれる二代目イラストレーター・デザイナー大募集!

 

■募集期間

6月3日(金)~6月30日(木)

 

■応募資格

・不問(プロ・アマ問わず)

・継続的に月子さん関連のデザインをお願いできる方(報酬あり)

 

■提出物

  1. 自己PR(Word・テキストデータにて添付もしくはメール本文に記載)
  2. 以下のプロフィールを踏まえ、月子さんを自由に書いてください(JPEGもしくはPDF形式)

 

<月子さんプロフィール>

妖艶でデカダンな香りを漂わせる、月に吠えるの看板娘。作家志望で、日中は自室にこもり原稿用紙に筆を走らせている。ヘビースモーカーで、性格はかなりのツンデレ。泉鏡花、川端康成、谷崎潤一郎といった日本の近代文学からサド、バタイユ、ジュネなどのフランス文学を愛読する。

 

■審査員

月吠えスタッフ一同

 

■応募方法

お名前、職業、年齢、連絡先を明記し、以下のメールアドレスまでご応募ください。

tsukiko2bosyu☆yahoo.co.jp

※☆を@に変更ください

 

■発表

本人に通知&本WEBマガジンで発表します