【第一局】ルールも点数も曖昧な麻雀初心者が、雀荘破りに挑戦することにした

 

改めて、特訓開始

 

気を取り直して、実践に参加させてもらう――が、なかなか和了ることができない。

 

「配牌とツモが悪いんだ」と自分の雀力の無さを棚に上げて打つ私。一向に流れが来ず、こんな感じの地味~な配牌が続く。

 

9

 

そうしているうちに、ピンチがやって来た。私からは見えないが、対面がこんな手でテンパイしていたのだ。

 

10

 

ツモれば役満の四暗刻、ロンだと三暗刻、トイトイ、メンホン、役牌で倍満以上確定。この様子を後ろから見ていたコエヌマ編集長は、「ぶっきー、振り込め」と密かに思っていたのだそう。その理由は、「振り込めば記事的に面白くなるから」とのこと。鬼畜だ、この人。

 

結局、倍満振り込みは逃れたが、最初の局はラス(ビリ)で終わり、その後の結果も芳しくなかった。悲しみの休憩。

 

11

 

さつきママの手作り生姜焼きの美味しさに復活した私は、ママにアドバイスを受けつつ練習再開。

 

12

 

「牌効率が悪い!」

 

「完成形を考えて!」

 

「もっと方向性を定める!」

 

「なんでそれ切ったの!」

 

さつきママの教えは超・スパルタだが、理論的でとても分かりやすい。色々言われながら考えて打っていると、段々自分の弱点がわかるようになってきた。

 

私の主な弱点は、こんな感じだ。

 

  • 一手先の手変わりをちゃんと考えていない
  • 危険牌を捨てるタイミングが中途半端
  • 手牌の方向性を見定めるのが遅い

 

今更だが、「麻雀はなんとなく打っていたら負ける」ということを実感した。この瞬間から心を入れ替え、アドバイスをもとによく考えて打つようにした。 すると、心なしか良い和了ができるようになってきたのだった。

 

013

 

ツモ! ロン! ツモ! 快進撃が続き、点棒が増えていく。

 

そして、ついに迎えた最後の局。 いい感じでツモってきて、五八萬待ちでリーチ。絶好調の私を警戒して、メンバーたちは安全牌を切り始める。誰からも出ることがないまま、順番が回ってきた。

 

「来いっ!」

 

気合を入れて牌を引くと、なんと一発ツモ!

 

14

 

しかも、三色になる高目を引いて倍満。体たらくが続いていた序盤とは裏腹に、トップで終了したのだった。

 

特訓を終えて

 

さつきママ曰く、麻雀の極意は「振り込まないこと」だそうだ。この日、私は何度振り込んだことだろう…。しかし今回、アドバイスにあったように、常に完成形を浮かべながら、牌効率を意識して打つだけで、結果が大分異なってくることがわかった。実力も自信も付いた気がする。

 

私「これで次回フリー、行けますかね?」

 

コエヌマ「行っちゃいましょう! ただし……」

 

私「?」

 

コエヌマ「トータルで負けたら罰ゲームですよ。どんなのがいいですかねえ?」

 

私「!?」

 

コエヌマ「焼肉おごるとか、ミニスカコスプレで街を練り歩くとか(ニヤニヤ)」

 

私「……」

 

コエヌマ「あと、麻雀といえば通り名が必要ですよね。『“卓上の不器用”ぶっきー(※)』なんてどうでしょう?」

 

私「……」

 

というわけで、格好いい(?)通り名も決まり、次回はいよいよ雀荘デビュー。 調子に乗った私は、このまま勝ち続けることができるのだろうか!?

 

※ぶっきーというあだ名は不器用なことが由来している

 

 

今回の感想

 

15

 

麻雀って、楽しいですよね。(取材・文 ぶっきー)

 

 

取材協力

「ACTRESS (アクトレス)」

住所:新宿区歌舞伎町2-8-3 最上ビル202

月~土:19:00~5:00

電話:03-6380-2993

http://www.guppys-group.com/