「その企画を本にする必要があるのか」ヒットメーカーの編集者2人がトンデモ企画を一刀両断?

Photo by Ricky Tai .

 

「まだ会ったことのない君を、探している」

 

これは、2016年に公開された新海誠監督によるアニメーション映画「君の名は。」のキャッチコピーだ。同作は日本映画の歴代興行収入ランキング4位にあたる250億円を超えた大ヒット作品。1度だけでなく、複数回観たという人も多いのではないだろうか。

 

筆者も「君の名は。」好きの1人であり、かれこれ5回は鑑賞した。しかし、それだけ観ても解けない謎が1つある。劇中で入れ替わりを繰り返す主人公の瀧と三葉は、実際に会うことはおろか、電話やLINEさえせず、日記のみのコミュニケーションしか取らない。

 

しかし突然2人は恋に落ちる。そのきっかけは描写されていない。本当に入れ替わるだけで人を好きになるのか、そんな疑問がいつも頭をもたげていた。

 

 

話は変わり、2018年某日、以前から本を出版することに興味があった筆者は、コエヌマ編集長から「出版BOYZ」という方々を紹介してもらった。出版BOYZとは、実務教育出版の編集者・小谷俊介さんと、ごきげんビジネス出版の編集長・伊藤守男さんにより結成された編集者ユニットだ。

 

小谷さんは語学書から健康書までボーダレスに80冊の本を手がけてきた。これまで出版した本の増刷率は50%を超えるというヒットメーカーだ。

 

伊藤さんは電子出版の領域で著者160名を輩出し、刊行書籍数は270冊。1万ダウンロードを超えるヒット作を続々と生み出してきた。電子出版がきっかけで商業出版をした著者の中には、15万部突破のベストセラー作家になった人もいるという。

 

今回、紙と電子でヒット作を生んできた2人に、筆者が作った本の企画を評価してもらうことになった。その私の企画が、冒頭の疑問を解決し、ノンフィクション作品としてまとめる「リアル君の名は。」だ。簡易的な企画書を下記に掲載する。

 

 

高校生のセッティンングのみならず、周囲の協力も必要なこの企画。本当に可能かどうかは一度脇に置かせてもらう。実現できると仮定して、このノンフィクション作品は2人の目にどう映るのか。企画書を見てもらい、意見を聞いた。