しくじり今昔 「徒然草」「今昔物語」など古典文学のなかの笑える失敗談

15257673991_39ec44d50e_z

 

日常生活でのあんな失敗、こんな失敗。やってしまった当時は恥ずかしくてたまらなくても、時が経てば自然と笑い話にできるもの。

 

そんな軽い「しくじり」話は、古典文学のなかにもたくさん登場しますので、いくつか紹介します。

 

古典というとおカタいイメージを抱かれる方も多いかもしれません…ですが、その魅力をあくまでゆるく解説していくので、どうぞご安心してお読みください!

 

勘違いの涙

 

まずは鎌倉時代を代表する随筆『徒然草』から、クスッと笑える勘違い話をご紹介しましょう。

 

京都の出雲神社に、聖海という偉いお坊さんが参拝にやって来たときの話です。参拝後ふと辺りを見回すと、神前の獅子と狛犬が、本来は向かい合わせのはずなのに、互いに背を向けて立っていました。

 

「こんな珍しいものが見られるなんて!」と聖海は大感激。ついには涙ぐみながら、周囲の参拝者に向けて「もしもし、この有り難いものが目に入りませんか!」と大声で呼びかけ始めます。

 

「確かに珍しいなあ」と皆で不思議がっているなか、聖海はわざわざ神主を呼んで、狛犬の立ち姿について尋ねました。すると神主からは予想外の答えが。

 

「ああそれ、近所の子どものいたずらですよ」

 

結局狛犬が逆向きだったのは子どものしわざであり、有り難いものでもなんでもなかったのです。

聖海さん、見事にずっこけましたね……。

 

 

酔っ払い坊主の悲惨な末路

 

お次も『徒然草』から、ちょっとイタいエピソードです。

 

京都の仁和寺で宴会をしていたある日のこと。一人のお坊さんが酔った勢いで、鼎(金属の鍋)をかぶって踊り出しました。それを見た皆は爆笑。踊ったお坊さんもすっかり良い気分になり、鼎を外そうとすると……

 

どうしたことでしょう、鼻が引っ掛かって全く外れません。誰かが鼎を割ろうとして叩いても、金属製だからそう簡単に割れるものでもない。医者に診せても「このようなケースは初めてでして…」と言うだけで、何の解決にもなりません。

 

結局「もうとにかく力入れて引っ張るしかないでしょう! 最悪鼻がもげちゃっても生きていればオッケー!」ということになり、千切れんばかりに鼎をぐいぐい引っ張ったところ、やっと外れました。

 

めでたしめでたし……ではありません。鼎が外れたお坊さんの顔からは、鼻と耳がなくなっていました。力任せに引っ張るあまり、もげてしまっていたのです。

 

お酒の席での失敗談ってよく聞きますけど、このエピソードを上回るものはそうそう無い気がします。しかし「鼻がもげても生きてりゃオッケー」って……ポジティブというには、あまりに残酷すぎませんか。