人を中毒にする、なぜか声に出したくなる言葉を集めてみた

もう十何年も前のことになるが、学生時代の「歴史」の授業で覚えた「長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)」という地方豪族の名前を定期的に口に出したくなる。彼は戦国時代から安土桃山時代を生きた、現在の高知県の戦国大名で、織田信長や徳川家康ほど有名でもなく、試験に出るわけでもなく、教科書の隅っこに鎮座していた。

 

ただ、十何年経った今でも、なんだかそのワードを発したくなってしまうのだ。長宗我部元親、ちょうそかべもとちか、チョウソカベモトチカ、ChosokabeMotochika……。この現象はなんと形容すればいいのだろうか。

 

意味なんてないけれど、なんだか声に出したくなってしまう言葉。あなたにはあるだろうか。そこで今回、皆様がつい声に出したくなる言葉をアンケートで募ってみた。

 

墾田永年私財法

 

まず、「明治プロビオヨーグルトR-1」の広告として渋谷駅に登場したことでも話題の「墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいほう)」だ。これは、天平15年(743)に発布された法令で、一部の条件を満たせば、墾田の永久占有を許されるといったもの。

 

漢字7文字と覚えにくく、歴史のテストで学生たちを苦しませる単語だからこそ、逆に暗号のように唱えたくなったり、無駄に友人との合言葉にしたくなったりする。こんな風によくわからない言葉も、青春のカケラのひとつなのかもしれない、と思ったりする。

 

スリジャヤワルダナプラコッテ

 

意味が全くわからない。スリランカの首都の正式名称であるため、この言葉自体に意味があるわけではないが、なんだが言いたくなってしまう気持ちがじわじわと湧いてくるのも事実。

 

とっても語呂がいいのだ。ネイティブな発音はわからないが日本人が読むなればスリジャヤ、ワルダナ、プラコッテの3つに区切りをつけて言葉を発するかと思う。

 

そこで簡単に分析してみると、はじめの「スリジャヤ」は「ヤ」の母音「あ」で終わり、次のワルダナもの「ナ」も「あ」で終わる。どちらの濁音からの「あ」で終わるため、次に発音する言葉の助走をつけている気がしてくる。そうして、きっちり助走をつけた後に「プラコッテ」だ。

 

この「プ」という少し気が抜けた音から始まり、詰まる音「ッ」が入ることで綺麗にジャンプが決まり、無事に「テ」で着地する。これはつい声に出したくなってしまうのもうなずける。皆さんもどうぞご唱和あれ。

 

おびんずるだこ

 

おびんずるだこ……? 「おびんずる」から連想するに何かが剥けているイメージが湧くが、実態はどんなものなのだろう。

 

京都の新京極通にある蛸薬師堂(たこやくしどう)に木彫りのタコさん「なで薬師」がおられるのだが、別名、御賓頭盧蛸(おびんずるだこ)と呼ばれるそうだ。なるほど、やはりタコだったのか。ちなみにこの「賓頭盧」とは釈迦の弟子の1人、またはその像など諸説あるようだが、病気の快復を祈願する信者に撫でられるあまり頭がつるつるになってしまった人やその状態も指すらしい。

 

おそらくそこに附随して、この「おびんずるだこ」さんも左手でなでなですると病気がよくなるんだとか。こんなご時世ではあるが、早急に頭をなでなでしに行きたい。

 

そういえば、漢字の羅列である「御賓頭盧蛸」で思い出したが、一時期、大乗仏教の仏である「盧舎那仏(るしゃなぶつ)」という言葉にハマりすぎて、SNSのアカウントをすべて盧舎那仏に変更したことがある。それによって友人4人ほどにアカウントのブロックをされたが、後悔はしていない。