Twitterでバタイユや澁澤龍彦トーク炸裂?!全然ゆるくないご当地キャラ「大崎一番太郎」に会ってきた

P1070737
バタイユの本を読む大崎一番太郎

 

昨年、とある「ご当地キャラ」のツイートがTwitterで話題となった。つぶやきの主は、大崎のご当地キャラである「大崎一番太郎」。彼の存在を知らない方は、何はともあれ以下のツイートをご覧いただきたい。

 

 

ジョルジュ・バタイユって哲学者によれば、エロティシズムの本質は「自分が相手に変化をもたらすこと」らしいから、相手が自分の命令どおりに動いたり、自分の発言で右往左往したり、そういう玩具のようにもてあそぶのが楽しくなっちゃうのは、人間のサガってやつなんだよね…(´・ω・`)(2014年4月23日ツイッターより)

 

 

エロティシズムってフランスの哲学者が本を一冊書いても足りないテーマだけし、一歩間違えば、暴力や罵倒で恋人を言いなりにさせるDV彼氏やリストカットで恋人にわがままを言うメンヘラみたいなのを生み出すけど、自分の好きな人と同じ本が読みたいとか、そういうのも「エロス」だと思う。(2014年4月23日ツイッターより)

 

バ、バタイユ?! エロティシズム?! キャラなのにゆるくない、全然ゆるくないけどなんだかものすごく気になるぞ、この大崎一番太郎という存在……!!

 

sponsored link

 

そんなわけで、「見た目はかわいらしいキャラクターなのに、なぜあのような一切かわいくない文学トークをぶちこんだのか?」という真相を解明するために、いざ大崎駅西口へ——。

 

渦中の大崎一番太郎(以下、一番太郎)と、彼の生みの親であるデザイナーの犬山パパ(以下、パパさん)にお話を聞いてきた。

 

※その他のツイートのまとめはこちら。 バタイユのほかに「澁澤龍彦」についても言及しているので、気になる方はぜひ一読していただきたい。

 

 

山手線で最も嫌われている大崎駅の「ダークヒーロー」

 

P1070724
大崎一番太郎と、彼の生みの親であるパパさん

 

—「大崎一番太郎」ってどんなキャラなんですか?

 

一番太郎:山手線29駅のなかで1番嫌われている大崎駅をPRするためにがんばっているダークヒーロー、と銘打って活動してるよ!

 

なんで大崎駅がこんなに嫌われてきらわれているかというと、山手線で大崎止まりがあるからなんだよね。五反田や品川に行きたい人たちが『あと一駅なのに大崎かよ』といって舌打ちしておりてゆく駅、それが大崎……

 

 

—な、なるほど……大崎一番太郎の性格は?

 

一番太郎:言いたいことはすべて言うね☆炎上上等って掲げているんだ。

 

パパさん:まあ、悪ぶってるけどヘタレですね。ちょっと童貞感があるというか。

 

 

 —デザインには意味があるんですか?

 

一番太郎:大崎には名物になるモノがひとつも無いから、自慢できるのが山手線くらいしかないんだよね……。それで、体の色は山手線カラーの緑。おなかのマークは大崎駅の位置をあらわしているんだ。大崎は意外と美術館やギャラリーがおおいので、ちょっとインテリジェンスさを出すためにベレー帽をかぶっているんだッ!

 

パパさん:最初はそういう設定だけでしたが、ファンの方に『目が大崎のOで、鼻と口が一番太郎のiに見える』といわれたので、最近はそれも採用して、使わせてもらってます。

 

キャラをアイドル扱いするファン心理こそが、エロティシズムの本質

 

—「澁澤龍彦」や「ジョルジュ・バタイユ」のツイートをしたのはなぜですか?

 

一番太郎:前からちょくちょく作家や文豪の話っていうのはしてたんだよね。最近は酒鬼薔薇聖斗こと元少年Aの『絶歌』についてもツイートしたし。

 

あのツイートの前に、ご当地キャラのファンていうのは自分の言いなりになるキャバ嬢やホストみたいな役割を求めているんじゃないかって話をしてたんだよね。それで、昔読んだバタイユのエロティシズムに関する文章を思い出したんだ(V)(◎∀◎)(V)

 

それでオカザえもんなら読んでるだろうと思って、無茶ぶりしてみたってワケw

 

okazaemon
2014年4月23日ツイートより

 

 

—ご当地キャラのなかに文学派閥みたいなものがあるんですか?

 

一番太郎:文学じゃないけど、もともと『Twitterでゆるくない発言をする』って流れは『まんべくん』以降かな。一番太郎のTwitterの師匠も、まんべくん。でも、まんべくんは終戦記念日に戦争ツイートをして炎上したのを切っ掛けに、Twitterから卒業しちゃったけどね。ホント、惜しいキャラを亡くしたよ……。

 

 
—パパさんはこれまでにどんな本を読んでいたんですか?

 

パパさん:宮沢賢治とか高村光太郎など、近代詩が好きでした。あとはダダイスト新吉とか山之口貘、澁澤龍彦と寺山修司なども読みましたね。高校時代引きこもりに近かったので、休み時間も図書室にずーっといて、そこで詩の全集をぱらぱら見る、暗い人間でした。

 

本当は寺山修司のような市街劇をやりたかったんです。でも、引きこもりだから友達もいないし、演劇はひとりじゃ無理なので、代わりに着ぐるみをはじめたんです。着ぐるみだったら一人でもできるし、外に出て対人関係のリハビリにもなるんじゃないかと思って。それに、普通の街角にキャラクターがいたら、それだけでその風景がファンタジーになって、楽しいじゃないですか。

 

寺山修司のおもしろいところは、ウソとホントの境目がわからないところなんです。ご当地キャラも、結構そういう部分がありますよね。架空のキャラが現実に存在する地名を舞台に活躍するんです。本来、フィクションであるはずのキャラ同士がTwitterなんかを通じてコミュニケーションをとりながら、新しい企画が立ち上がって現実にイベントができあがってしまったりするところも、フィクションがリアルを侵食していくみたいで、ワクワクします。

 

P1070731
一番太郎の恋人? のノン子ちゃん。

 

—ところでこちらに女の子のキャラがいますが、二人はカップルなんですか?

 

一番太郎「コレは、ノン子。立正大学心理学部のキャラだよ。パパは最初、カップルのつもりでデザインしたらしいんだけど、ボクがモテはじめちゃったから、あわてて設定を変えたらしいよ。キャラって人気商売だからさ、彼女とかいるのバレると、炎上するんだよねーw

 

だから、今はビジネスパートナーって感じだね。ポスターとかで女の子キャラが必要な時にだけ手伝ってくれる、都合がいい女って感じ?

 

パパさん:ファンの方からの扱いが、ジャニーズとかアイドルのようになってきているんですよ。これは一番太郎にかぎらず、人気のあるご当地キャラには、そういう風潮があります。

 

 

—ジャニーズやアイドルのような扱い……すごいですね。では、「聖地巡礼」で大崎にくるファンの方も多いですか?

 

一番太郎:結構いるねー。商店会に『大崎一番家』っていう、ボクの名前がついたお店もあるしね。でも商店会は土日に休みのお店が多いから、あんまり来ないように呼びかけてるんだけど、最近は『本当に閉まってたw』って、シャッターの閉まった写真を撮って喜ぶファンがいたりするよ。

 

 

—一番太郎のファン層はどのような方々なんでしょうか?

 

一番太郎:女性が多いね。特に地方まで追っかけて来てくれるのは30代から50代くらいかな。

 

 

—え、追っかけがいるんですね!

 

一番太郎:ご当地キャラのファンにそういう世代が多いんだよね。もともと旅行が好きで、ある程度自由にあるお金がある人たちなんじゃないかな。

 

雰囲気としては、わりとジャニーズファンやバンギャ(バンド追っかけギャルの略)とかぶると思う。ご当地キャラだとツイッターで絡んでくれるし、イベントに来てくれればハグしたりもできるしね。

 

 

コミケ帰りは、ぜひ大崎駅でごはんを食べてください!

 

—今後、大崎発展のための目論見はありますか?

 

一番太郎「今定期的にやっているのは、コミケシーズンに『コミケ帰りのお客さんを大崎に呼び込もう!』って活動かな。

 

パパさん:コミケに行くには、大崎ルートと新橋ルートのふたつがあるんです。コミケ参加者が約100万人と言われているから、少なくとも半分の50万人が大崎を素通りしているはずなんですよ。

 

一番太郎:もう2、3年やってるけど、1回も成功したことがないけどね!

 

パパさん:そうなんです。ゴーストタウンと化してしまう大崎に少しでもコミケ帰りの人が降りて、飲み食いしてもらえるように、これからもがんばっていきたいです。

 

 

 —大崎西口商店会のおすすめのお店はありますか?

 

パパさん:『誠華』っていう中華料理屋の味噌ラーメンはおすすめです。店主さんが味噌ラーメンという存在をずっと知らなかったらしくて、自分で勝手にレシピを想像しながら作ったラーメンだから、普通の味噌ラーメンとちょっと雰囲気が違うんですよ。

 

一番太郎:それからやっぱり大崎一番家だね!ここは、もともと普通のイタリア料理店だったんだけど、シェフが定年退職する時、本当は閉店するはずだったんだ。でも、ボクのファンが熱心に通い詰めてくれたおかげで、オーナーが『残りの余生は一番太郎のために』と言って、改築して営業を続けてくれたんだ。

 

SONY DSC

 

一番家のおすすめメニューは『大崎一番カレー』と『大崎一番パスタ』だね。ポルケッタ(洋風チャーシュー)とフルーツトマトを組み合わせて、大崎マークになってるんだ。大崎駅西口に来ることがあったらぜひ食べてみてね!

 

 

一見、ネットで好き放題やっているかのように見える大崎一番太郎。しかし、その裏にはパパさんや商店会の人たちの「なんとかして大崎を盛り上げたい!」という強い想いがあり、営利目的ではないが様々な戦略性がひそんでいたのである。

 

そして、「ご当地キャラクター界」とは、外野が想像していたよりもはるかに奥深い世界であることも判明した。バタイユを形容に引き合いに出すのも、納得である。

 

取材後、一番太郎やパパさんらが出演する「マジ基地☆生放送」という生放送番組を観覧させていただいたのだが、こちらもかなりコミカル且つ豪華なゲストぞろいなので、記事を読んで興味を持った方はぜひともチェックしていただきたい。(取材&文 マナ・コノ)

 

大崎一番ブログ
http://blog.livedoor.jp/osaki1ban/

 

大崎西口商店会 公式HP
http://osakinishi.net/