早川書房70周年記念のコミックアンソロジー、ミステリ編&SF編が同時刊行

716R2uFNwBL

 

アガサ・クリスティが好きだ。中学生の頃に初めて読んだ作品はたしか、「ポアロのクリスマス」だったような気がする。フィリップ・K・ディック作品の装丁がリデザインされた時は、あまりのかっこよさに初めてSF小説を読んだ。

 

ミステリ小説を読みたい時、SF小説を読みたい時、早川書房の作品を手にとる人は少なくないのではないだろうか。

 

そんなミステリ&SF好きに長年愛されてきた早川書房、今年が創立70周年とのこと。それを記念して今年1月22日に「Comic S」と「Comic M」、2冊のコミックアンソロジーが同時刊行された。

 

 

「SFマガジン」と「ミステリマガジン」(ともに早川書房)に掲載された作品の他、描き下ろし作品まで収録されているなんとも豪華なアンソロジーとなっている。

 

さて、それではなぜ私がこのような記事を書いているのか。それには理由がある。早川書房がコミックアンソロジーを刊行するという噂を聞きつけ、私はふと思った。

 

「あれ? 中学の頃から早川書房作品を読んでいるのに、コミック作品は読んだことがないんじゃないか……?」

 

うーむ、これでは早川ファンは語れない。それならこれを機会にコミック作品を読んで記事にしよう! ということで、今回この記事を書くに至ったのである。

 

早川書房さんから届いた2冊のコミック。早速読んでみた。手塚治虫や石森章太郎といった伝説の作家の作品だけではなく、宮崎夏次系やオカヤイヅミなど、新進気鋭の作家の作品も多く収録されている。

 

今回は本書の中からいくつか作品を紹介しよう。

Pages: 1 2