緊縛師・一鬼のこ写真集『Red』が3月4日発売&記念イベント開催!

逕サ蜒・2V2A0988_RTT

 

3月4日(金)、緊縛師である一鬼のこさんの写真集『Red』が発売されます。また、写真集発売に伴って、3月11日(金)~13日(日)の三日間、ギャラリー新宿座にて記念展示会も開かれます。

 

sponsored link

 

皆さんは「緊縛」と聞いて、どのようなイメージが浮かぶでしょう。人それぞれですが、SMプレイの一つという認識が強く、とっつきにくい印象を持っている人もいるのではないでしょうか。

 

しかし一鬼のこさんの作品は、とても繊細で怖い雰囲気もなく、まさに芸術。縛られたモデルさんを目の前にして、「綺麗だ……」と見とれてしまいます。

 

今回の作品『Red』シリーズのテーマは「つながり」。血や運命の赤い糸による「つながり」を強く主張するために用いられたという赤い縄と、白い空間のコントラストはインパクト大です。

 

逕サ蜒・2V2A1320-Edit

逕サ蜒・IMG_9494-Edit逕サ蜒・_MG_8582 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ

 

一鬼のこさんは2001年に緊縛を始め、2006年からパフォーマンスや作品づくりを行うようになります。そのアート性の高さから、フジロックフェスティバルや、ファッションブランドの新作レセプション会場でパフォーマンスを披露したこともあるほど。

 

国内だけでなく、台湾、ロンドン、ミュンヘン、オランダ、オーストラリア、ベルリン、ローマ、カナダなど、世界中で公演やワークショップを開催しています。

 

そんな一鬼のこさん、本籍は名古屋市南区柴田4−6、出身幼稚園は葵名和幼稚園、小学校は東海市立名小学校。奇しくも『柴田』(しばった)、『葵名和』(あおいなわ)、『名和』(なわ)と、緊縛を連想させる地名で育ちます。

 

本人も公式サイトで「なるべくしてなった縄のスペシャリストなんだなぁと思います」とコメントするなど、まさに生粋の緊縛師なのです。

 

写真集や展示会では、美術品としての「緊縛」、そして一鬼のこさんの世界を堪能できること間違いありません。この機会に、ロープアートに触れてみるのもいいかもしれませんね。(文 小糠あお)

 

一鬼のこ写真集『Red』

Red 一鬼のこ写真集

発売日:2016年3月4日(金)

収録:108ページ

出版:マイウェイ出版

 

発売記念展示イベント

期間:3月11日(金)~3月13日(日)

時間:12:00~20:00

場所:ギャラリー新宿座

企画① オープニングレセプション&アーティストトーク 3月11日(金)18:00~20:00

19:00よりトークイベントを開催。初期作品の写真家と一鬼のこによるRedシリーズの制作秘話を披露。

企画② 赤縄ブレス OR 赤縄キーホルダープレゼント ※写真集購入の方限定

 

一鬼のこオフィシャルHP

http://shibari.jp/