恋の行方を左右する!理想的なデートご飯はこれだった

思えば、本から得た学びは多い。ある程度世代が違えど、一定の情報量を本から得るという体験は、読書好きならば共通しているのだろう。筆者はデジタルネイティブど真ん中の平成生まれだが、宇宙が真空であることも、恋のきらめきも、薬物中毒の愚かさも、インターネットや授業の前に本から教わった。

 

中でも印象に残っているのが、デートで食べる理想のメニューである。これは『永遠の出口(集英社)著・森絵都)』に記されている人生で最も有用な情報であり、小学生のときに触れた際にはいろいろと衝撃的であった。

 

 

『永遠の出口』あらすじ

小さい頃、私は「永遠」という言葉にめっぽう弱い子供だった――。10歳から18歳まで。ナイーブでしたたかで、どこにでもいる普通の少女、紀子の成長をめぐる、きらきらした物語。

 

本書では理想のデートメニューとして「口の周りにつかない」、「かじっても崩れない」、といった条件が羅列され、主人公が試行錯誤の結果導き出したグラタンこそが至高であり、デートのときはそればかり食べていた、という旨の記述がある。

 

それ以来、筆者の頭の中にも「デートといえばグラタン」という公式ができあがってしまい、やがてそのときが来てもなんとなくグラタンばかり頼んでいた記憶がある。しかし考えてみてほしい。本作の舞台は70年~80年代の古き良き日本社会である。現代に比べ食の選択肢は格段に少なかったと言ってよい。原作の舞台から、実に40年が経過しているのだ。

 

時は令和、世界はグローバルである。今こそ時代に合ったメニューを再び検証し、理想のデートメニューに新たな風を吹かせるべきではないだろうか。そういてもたってもいられなくなった筆者は、Ubereatsをインストールした。

 

優れたデートご飯の条件

 

理想のデートメニューを模索するにあたって、懸念点がいくつかある。1つは、公平性。食べ物には好みがつきものだ。AとBのメニューがあるとして、デートメニューとしてはAの方が優れているけれど、Bの方が好きだからそっちを頼むぜということがあってはならない(恋もオシャレも人生も我慢でできている)。

 

そこで、「優れたデートメニュー」とはなんたるかを示す指標をいくつか提示する必要があると言える。前述した通り、原作で記述されていた2つの条件に加え4つの基準を考案し、それに沿ってメニューを評価していくことにした。選定した6つの基準は以下の通りである。

 

  1. 口の周りにつかない(原作より)
  2. かじっても崩れない(原作より)
  3. ニオイが残らない
  4. 彩りがいい
  5. 歯に挟まらない
  6. 大きな口を開けずに済む

 

次の懸念点は普遍性である。料理のメニューは店によって千差万別で、中には普段あまり口にできないものも少なくない。よって「近所のフランス料理屋で出している鳩のローストを選出したい」ということが起こると、個別性の強いメニューのため、実用性に乏しい検証になってしまう。そこで今回の選考にあたっては普遍性を重視し、「チェーン店もしくはそれに準じるお店で料理を注文する」ことをルールとした。

 

それぞれの料理を実食し、前述した6つの基準について5点満点での評価した上で個別にコメントを述べていく。血で血を洗うような食闘(フードファイティング)を繰り広げた結果、見事理想のデートメニューに採択された3品を紹介しよう。なお、あくまで筆者と編集部の独断と偏見に基づいた結果であることをあらかじめ了承いただきたい。