本を買うとき文庫本派?単行本派?アンケートを取ったら共感と発見ばかりだった

 

私は断然、文庫本派だった。本屋へ行くと真っ先に文庫本コーナーに向かう。書店員の書いたポップを眺めつつ、惹かれた一冊を手に取る。背表紙のあらすじを読んで、「うん。やっぱり面白そう」。小さくて持ち運びしやすいし、価格も単行本に比べれば求めやすい。

 

しかし、私は今、単行本派に傾こうとしている。きっかけは半年前に始めたバイトだ。今までのバイトより時給が高くて、私は貧乏大学生からプチリッチ大学生へと進化した。財布が潤っているときに本屋に行くのは大変気分が良い。いつもは手が出せなかった新作の単行本。「思い切って買っちゃおう」。文庫化されるのが待てなくて買った。

 

これが沼の始まりだった。重くてずっしりしているけど、家でゆっくり読むのに何だか良い。表紙も装丁が拘っていて、手触りなんかも楽しんで。何より好きな作家の新作にいち早くありつける。

 

読書好きの間では意見が割れることも多い「文庫本派VS単行本派」問題。それぞれ良いところがあると思うが、令和の読書好きたちに意見を聞かせていただいた。

 

文庫派優勢か?安さと持ち運びのしやすさ

 

26名の読書好きの方々がアンケートに協力してくださった。結果は61.5%の人が文庫本、38.5%の人が単行本推しとなった。それぞれ選んだ理由も併せて見ていこう。まずは多数派の文庫本。

 

 

「コンパクトで収納や持ち運びに便利、単行本よりも安価である、表紙が柔らかくて手に持って読みやすい(女性・40代)」

「持ちやすい、安い、本屋で探しやすい(男性・50代)」

「なんと言っても安い。安い方がたくさんの本を買えるから。また、文庫本の方がサイズ的に読みやすいから(女性・20代)」

 

文庫本派の圧倒的な支持理由は、「持ち運びのしやすさ」と「単行本に比べたときの価格の低さ」であった。文庫本は1冊あたり約200gなのに対し、単行本はソフトカバーでも約300g、ハードカバーなら約450gと結構重さが変わってくる。ちなみに豆腐一丁が大体400gらしい。豆腐と聞くとそこまで負担に感じないかもしれないが、大抵は本のほかにも荷物があるし、1日ずっと持っていることを考えると、やはり肩や腕がつらくなってくる。

 

そして文庫本が大体500円~800円くらいで購入できるのに対し、単行本は安くても1200円くらい。高いものなら数千円と2倍以上の開きがあることが多い。大学生のアルバイトの時給が1000円前後なので、単行本を買うために2時間働かなければならない。

 

またかさばらず、収納しやすいところもポイントである。単行本のサイズがB6判なのに対し、文庫本はA6判と一回りくらいコンパクトだ。本好きなら誰でも経験しているであろう、“本棚全然足りない問題”。私も幼いころから本棚のスペース確保は永遠の課題だった。文庫本は小さくて背も低い分、たくさん入れることもできる!

 

このような意見もあった。

 

 

「コンパクトで軽く、読書へのプレッシャーが小さいから(男性・40代)」

 

確かに、軽くてコンパクトな文庫本は場所を問わず読みやすい。それこそ電車の中など狭いところでも、空間をそんなに使うことなく読むことができる。単行本は重くて大きい分、「よいしょ」と軽く気合を入れる必要もあると感じた。