芥川龍之介も悩まされた片頭痛の前兆症状「閃輝暗点」ってどんなもの?—小説『歯車』から読み解くー

 

雨の日は決まって頭痛におそわれる…そんなことありませんか?

それ、もしかして片頭痛じゃないでしょうか?

 

日本人のおよそ8%が片頭痛持ちで、更にその内の20~30%に「閃輝暗点(せんきあんてん)」と呼ばれる前兆症状があらわれると言われています。

 

「閃輝暗点っていったいなに?どんなもの?」と思った方、以下の文章を読んでみてください。

 

〈僕の視野のうちに妙なものを見つけ出した。妙なものを?――と云ふのは絶えずまはつてゐる半透明の歯車だつた。僕はかう云ふ経験を前にも何度か持ち合せてゐた。歯車は次第に数を殖ふやし、半ば僕の視野を塞ふさいでしまふ、が、それも長いことではない、暫らくの後には消え失うせる代りに今度は頭痛を感じはじめる〉

 

これは、芥川龍之介が晩年に執筆した私小説的作品『歯車』からの抜粋です。この作品のなかではたびたび彼を悩ませる「歯車」の描写が出てきますが、実はこの「歯車」こそが「閃輝暗点」の正体なのです。

 

 

「閃輝暗点」の症状は人によって多少のちがいがありますが、

 

  • 視界のどこかにギザギザした小さな稲妻のようなものが出現する
  • それがチカチカと点滅しながらだんだんと大きくなっていき、視界がぼやける
  • 前兆がおさまったのちに頭痛が起こり、ひどい時は吐き気をもよおす

 

といった内容です。

 

この前兆症状が起こったらただちに痛み止めなどの薬を飲めば、頭痛はある程度おさえることが出来ると言われています。