【後編】ショートショート作家・田丸雅智さん 『海酒』の映画化に楽しみしかない

IMG_0974

 

※前回の記事はこちら

 

ゆくゆくは海外でワークショップもしたい。

 

『海色の壜』に収録されている「海酒」が映画化されましたが、自分が創造したものが映画になり、どんな気持ちになりましたか。

 

本当に楽しみしかありません。映画になるからと言って、原作通りでなくてはいけない、などというこだわりもないです。自分が書いたものが、人にどうインスパイアを与えたかに興味があるので、原作と違った部分があっても「あ、そういう見え方をしたんだな」と。

 

そういった発見は今後の創作にも役立ち、僕の糧にもなります。それに、映画を見た人が原作を読む、というチャンスにもなるので、ありがたいです。

 

 

―良い意味でこだわりを持たないことが、新しい発見につながるのですね

 

はい。たとえば本の装丁でも同じでして、『海色の壜』のデザインを描いてくれた二人は友人で、非常に僕の世界観に共感してくれているんです。だから、たとえ僕のイメージと違ったものが出てきても、「彼らにはそういう見え方なんだ」と思って、刺激を受けます。それによって自分自身の幅が広がっていく感覚もあって、すごく楽しいです。

 

 

また、同作はカンヌ国際映画祭出品予定とのことですが、海外でもSS講座を開いてみたいと思われますか。

 

とても思います。講座を開く国によって、バックグラウンドが違いますし、作品内容も変わってくるでしょうね。日本とどういう違いがあるのかも含めて、楽しみです。

 

 

SS大賞」を立ち上げられましたが、他のショートショートの公募との違いは何かありますか。

 

一番大事な点は、編集者がつくということです。これは決定的に違います。「小説家」と「ショートショート作家」は求められる資質が違うので、鍛える筋肉が違い、訓練の仕方も変わってきます。

 

他の賞は応募して終わりですが、この賞では、SS作家を育てていきたいんです。SSを盛り上げるためにも、仲間やライバル、後輩をどんどん輩出していきたい。そのために、賞を設立しました。