【2/3】大島薫さん、著書「ボクらしく。」で本名から生い立ち、AV時代まで赤裸々告白

 

_I2O2890

 

※前回のインタビューはコチラ

 

離島のおじいちゃんにも知られる存在になりたい

 

―「有名になりたい」「アイコン化したい」という目標がある一方、現実的に収益も出さないといけないかと思います。その難しさはどう感じていますか?

 

有名になったらお金は後からついてくると思うんですよね。無名の人がいきなり本を出すのと、何らかの活動をしてる人が本を出すのとでは全く意味が違って。文章の良しあしが変わるわけではもちろんないんですけど、だからこそ有名になりたいっていうだけの目標なんですよね。

 

「漠然と有名になりたいっていうのは変」みたいにおっしゃる方が多いんですけど、でも「とりあえず東大に入りたい」は肯定されるのに、「とりあえず有名になりたい」は否定されちゃうんだなっていう感じで。どっちも何かをするためのチケットだと思うんですよね。こうして本を出すのも、売れることを見越してもらわないと、出させてもらえないこともあったりしますし。

 

 

―何かしたいことができたときに、そのチケットがあると実現しやすいし、影響力も大きくなる、ということですね。

 

そうですね。文章で評価されたい、歌で評価されたい、絵で評価されたいっていう業界の人からしたら、(ただ有名になりたいっていうのは)ちょっと悲しい話かもしれないですけど。ただ全部やってみたいですし、表には出ていきたいので、今後文章だけ書いていくってことはないと思います。

 

 

―大島さんは、有名になることの一つの定義として、「離島のおじいちゃんにも知られる存在になりたい」とインタビューなどでよくおっしゃっています。

 

はい、それが有名になることの判断基準というか。日本で一番有名な人になりたい、ではなくって、もっと遠くの場所でも名前が知られている人になりたいですね。

 

 

―前に「プチ文壇バー 月に吠える」に来ていただいたとき、たまたま父島在住の方がいらしていたのですが、その方も大島さんのことを知っていて、感激されていましたよね。

 

そうですねー。もっと言うと海外でも知られたい、っていうのもすごく考えていて。だから、『ボクらしく。』の中の短編小説にもそんなくだりがあったりするんです。国によってだいぶ考え方が違いますが、言葉が分からなくても主張したいので。それこそこういう写真で伝わるものが自分にはあるので、いいかなと思ってますね。

 

 

文章がつたなくても「今、出すこと」に意味がある

 

―話を本に戻しまして、「ボクらしく。」では赤裸々に半生を綴っていますが、さらけ出す怖さや恥ずかしさとの闘いはありましたか?

 

そんなにはなかったと思います、本名も書いていますし。元AV女優で、今はタレントをしていますみたいな方で、本名まで書く人ってあんまりいないですよね。

 

けどボクとしては、全てを出していく存在になるよっていう意思表示も兼ねて、冒頭から本名を出すようにしました。AV業界を経て、こうして生きてきた中で、ウソをついて隠したりするのはちょっと違うかなって。もちろん、分かりやすくまとめるために、短くなってしまっている部分はありますけど。

 

 

―本が発売されて、周囲からの反響はいかがでしょう?

 

8月18日に発売されたのですが、10日経つか経たないかくらいで在庫がなくなり、増刷が決まりました。思っていたよりかは売れたっていうので、ここからはどれだけ伸ばせるかって感じですね。

 

 

―世間からのネガティブな反響への怖さはありませんでしたか?

 

ないですかね。やっぱり、作品は発表してこそだと思うので。例えば、ボクが10~20年後に、もっと文章のことを勉強して本を出したら、今よりもクオリティの高いものが生まれるかもしれない。けれど「それはいつなんだ?」って話で、今出す必要があるんじゃないかと思ったんですよね。成長は幾らでも後からできるし、このつたない文章でも出すことに意味があると。