農業を通じてホームレス、ニートに就労機会を 女性起業家・小島希世子さん

小島36

 

仕事をしたいけれど職がないホームレスと、仕事はあるのに人手が足りない農家。この2つをかけ合わせれば、世の中の問題のひとつが解決するのでは? そんな思いで自ら農園を立ち上げ、奮闘している女性起業家がいる。『ホームレス農園』の著者である小島希世子さんだ。

 

 

畑に囲まれて育ち、幼い頃から農家になることが夢だった小島さんは、大学卒業後に産地直送会社での勤務を経て、2013年にNPO法人『農スクール』を設立。ホームレス、生活保護受給者やニートの若者達を受け入れ、農を通じた様々なプログラムを実施して、農業の世界での就労機会を生み出している。

 

その他にも、生産者である農家と消費者である家庭を繋ぐオンラインショップの運営など、これまでにない取り組みで農業の発展に貢献している。

 

ふと思いついたアイディアを実現させる行動力と熱意。その根源は一体、どこにあるのか? それを知りたいと思った私は、小島さんが運営している湘南藤沢の体験農園『コトモファーム』を訪れた。

 

気軽に野菜作り体験ができる『コトモファーム』

 

kosyu

 

『コトモファーム』は、農薬や化学肥料を使わない野菜作りを学ぶ体験農園だ。毎週日曜日に野菜作りの講習があり、種や苗・農機具もレンタルできて、誰でも気軽に農作業にチャレンジすることができる。お願いし、私も参加させていただくこととなった。

 

参加者はひとりで来ている人から、小さい子供を連れたお母さん、夫婦で来ている人まで、年齢も性別も様々だ。今回の講習は、大根や白菜など冬野菜の育て方と、玉ねぎの植え方。

 

「玉ねぎは乾燥が好きで、ジメジメが苦手です。そのため、株間をしっかりあけて植えましょう」

 

みんなメモを取ったり、途中で質問を挟んだりしながら、小島さんの話を真剣に聞いている。 そのあと、実際に玉ねぎの苗が配られ、各々の畑で植えていく流れとなった。

 

「わからないところは、なんでも質問してくださいね」

 

小島さんは一人ひとりのところを回って、丁寧に教えていく。

 

 

「無農薬の自然栽培だし、やっぱり自分で育てたものは味が違う」

 

そう言いながら、「食べてみな」と収穫したばかりの野菜をプレゼントしてくれるご夫婦もいた。体験農園に通い始めて2年目だという。二人の畑には大根やホウレンソウ、白菜、ブロッコリーなど種々の野菜が元気そうに育っている。

 

毎週車で1時間以上かけてくるという男性もおり、「大変ではないか」と尋ねると、「だからこそ楽しい」という。土と草、緑の自然に囲まれた湘南藤沢の農園にいる方々には、一様に穏やかで優しい雰囲気が漂っていた。

 

講習が終わった後、農園近くにある野菜の直売所『くまもと湘南館』にて、小島さんにお話を伺った。