傍観者では済ませてくれない 読者の日常世界へ怪異を侵食させる怪談作家・梨さん

 

こんなに、脳が本能的に恐怖と不安を訴える怪談は初めて――。

 

それが、Twitterのタイムラインに流れてきた、怪談作家・梨さんの『瘤談』という作品を読んだ筆者の感想だ。まとわりつくような不気味さと、散りばめられた仕掛け要素は、恐怖と同時に好奇心を煽り、物語への没入を促してくる。

 

嫌な余韻が後を引く、けれどもっと深く知りたくなる、不思議な魅力を持つ怪談はどのようにして生まれるのだろう。無粋かもしれないが、その謎を究明したいと思った私は、梨さんに取材をさせて頂いた。

 

怪談作家。インターネットを中心に活動。日常に潜む怪異や、民間伝承などを取り入れた作風が特徴。

 

作品と現実世界をリンクさせる仕掛け

 

――梨さんの怪談を読んだ後は、あまりの怖さにもう二度と見たくない……と思ってしまうのですが、気づけばまた読んでいる自分がいます。どのような仕掛けがあるのでしょう?

 

多くの読者は、安全圏にいながら第三者視点で、作中で怖がっている登場人物を見て楽しんでいます。ただ私は、読者も対岸の火事ではない、と表現したい思いがあるので、「第四の壁」と言われる作品と読者の壁をどう壊すかを常に意識しています。そのため怪談作品を創作する際に、現実世界と地続きでリンクさせることがあります。

 

例えば、民俗的なエッセンスを入れるときは実在する文献を引用したり、作中の登場人物のSNSアカウントを実際につくったり。これは物語を、自分の世界の地続きで起こっていることとして見て欲しいからなんです。そういうところが自分の作品の核になっていると思います。

 

 

――読者と作品の壁を破るということは、読者が傍観者では済まされない、容赦ない恐怖を与えると思うのですが、そういう作品を書き続ける理由は何ですか?

 

私はリアル脱出ゲームのような、謎解きゲームの演出にも関わったことがあるんです。参加者が自分でゲームの世界に介入して、物語を動かしていくコンテンツに触れていた経験から、読者の行動も込みで怪談を形作る演出ができないかと考えていました。

 

最新作の『瘤報』では、ファイルのアップローダーを使ったギミックを考えました。読者が自分でパソコンに取り込んだZIPファイルを解凍し、なかの情報を読み解くことで、物語により深く入っていくようにしたんです。ただ作品を読むだけではなく、読者が自分から歩み寄ることで成立する怪談があったら、すごく面白いんじゃないかなと。

 

この考えは、謎解きゲームなどいろいろな創作物からのエッセンスによってつくられていると思いますね。

 

 

――作品内に仕掛けられていた情報を、読者自身が入手し、物語により深く入っていくという仕掛けは、確かに謎解きゲームと共通しています。

 

私の作品を読んだ人が、ネット上で考察を書いてくださることがあるのですが、実はそれも想定して、考察記事を誰かが上げてくれる前提のもとに怪談を書いたこともあります。『攀縁(はんえん)』という作品は、考察することが一種の呪いになって、読者もその呪いに引き摺り込まれるという話です。

 

最も意識するのは“音の響き”

 

――自分にも被害が及ぶ系の怪談は、かなり恐怖心をあおりますよね。

 

『さっちゃんの四番の歌詞』とか『紫鏡』とか流行ったじゃないですか。この作品を読んだことによって、あなたのところにも不幸が来るかもしれませんよ、という。

 

ただ、そういう怪談は好き嫌いがわかれると思うんですよ。「そんなこと言われても」っていう感じですもん(笑)。なのであまり全面に出さずに、あくまでも作品のエッセンスとして取り込むことと、そのギミック以外でも楽しめる要素をつくることは心掛けています。

 

 

――ちなみに作品を書くときは、読み手を怖がらせることを意識していますか?

 

恐怖感というより、気持ち悪いとか、気味が悪いとか、不快感が残るような書き方ができれば良いなと考えています。そのために、特に音の響きを意識しています。これは以前、音声作品の制作に関わっていて、音の響きがどのように人の感情に影響するか、学んでいた経験があるからです。

 

例えば句読点が入ると、読み手は必ず音をそこで区切るじゃないですか。なので、句読点の位置や音数、あるいは母音の数を意図的に操作することによって、いろいろな効果を生み出そうとしています。

 

 

――お話を聞いて、梨さんの書く物語が立体的な理由がわかった気がします。文章表現だけではなく、謎解きゲームや音声作品の制作など、いろいろな経験をうまく文章表現に落とし込んでいるんですね。

 

インターネットって、文章だけじゃなくて、音声や画像や動画などの媒体があるので、せっかく発表するのであればいろいろ組み合わせたい、という思いがあるんですよね。つくっている側も楽しいですし、読む側も幅広い経験ができるので。

 

一度、電話をギミックに組み込もうとしたことがあったんです。電話の自動音声案内で、「〇〇の方は何番を押してください」みたいなサービスがあるじゃないですか。あれを使って、物語の登場人物に、読者が電話をかける仕掛けをつくろうとしました。

 

でも、あまりにも予算が大きいのと、サービス提供会社の方に趣旨をわかっていただけなかったので、没になってしまいましたけど。今もやりたいギミックは500個くらいあるので、今後どうにか昇華していきたいです。