【2/3】『メンヘラ刑事』本田晴巳さん 決してメンヘラをバカにしているわけではないんです

IMG_0037
『メンヘラ刑事2』のクライマックスの舞台となった大阪駅地下街の噴水広場にて

 

※前回の記事はこちら

 

2ちゃんねるの自殺板でも『メンヘラ刑事』が話題に

 

―まさにタイムリミットぎりぎりで、作家になるという夢が実現したのですね!

 

でも、「ソース」を出したのにオファーがどっからもなくて、これはあかん、何とかせな、と思って。とりあえずいろんなところにめちゃくちゃ応募しました。それで、「エブリスタ」っていう投稿サイトの「スマホ作家特区(※)」に『メンヘラ刑事』を応募したら、大賞をもらって、Discover21さんから書籍化されたんです。

 

※スマホ向け作品で作家として生計を立てていきたいクリエイターを“NEXTスマホ作家”として選び、半年総額1,000万円の育成費枠から生活を援助。作品制作に集中できる環境を提供する制度

 

 

―ご自身の辛い体験から『メンヘラ刑事』が生まれて、今や5万部のベストセラーに。まさに人生大逆転ですね

 

読んだ方がツイッターやブログとかで感想を書いてくださって、「泣いた」とか「私も頑張る」とか言われて、はぁ~~~って思って。

 

めっちゃ嬉しかったのが、2チャンネルで「今日死にます」って板があったんです。そこで、死にたいっていう子に、「『メンヘラ刑事』面白いから読んでみなよ」って勧めてる人がいて。そうしたら死にたいって子がすごい食いついて、「読むわ」って感じになってて。めっちゃ嬉しかったですね。

 

 

―講談社からコミカライズもされるなど、本当に人気作品となっています

 

実は2年くらい前に、講談社に漫画の原作を持ち込みに行ったんですよ。マンガの専門学校で特別講義みたいなのがあって、講談社の編集さんが来て、ネーム見ますよ、みたいな。一般参加もOKだったので、行ったんですよ。

 

でも、「これじゃダメだよ」って受け取ってもらえなくて。それなのに、講談社から出るとは思えへんかったー(笑)。

 

 

―そのときの編集者、土下座ものですね

 

そんなことないですよ! つまらなかったから、自分が悪いので、本当に。でもすごく勉強になりました、持ち込みに行って。