【前編】北大路翼×成宮アイコ コロナ禍で「伝説にならないで」って伝えたい

新型コロナウイルスの猛威は、世の中を一変させた。ステイホームや3密の回避、在宅勤務といった生活様式の変化だけでなく、感染者や特定の業種・職種への誹謗中傷、自粛警察の横行、生活困窮者や自死の増加など、ネガティブなことも少なくない。

 

そんな中で、表現者としての活動や思いにどのような変化が生じたのか、俳人・北大路翼さんと朗読詩人・成宮アイコさんに語ってもらった。

 

北大路翼

新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」家元。種田山頭火を知り、小学5年生より句作を開始。2012年、芸術公民館を現代美術家・会田誠から引き継ぎ、「砂の城」と改称。句集に『天使の涎』(第7回田中裕明賞受賞)、『見えない傷(春陽堂)』、著書に『生き抜くための俳句塾(左右社)』『廃人(春陽堂書店)』など。

成宮アイコ

朗読詩人・ライター。機能不全家庭で育ち、不登校を経験。社会不安障害・ADHD。主に”生きづらさ” 、”アイドル”、 “社会問題”についての文章を書いている。好きな文学は風俗写メ日記、好きな詩人はつんく♂さん。夢はアイドルさんに作詞提供。著書に『あなたとわたしのドキュメンタリー(書肆侃侃房)』、『伝説にならないで(皓星社)』。

 

リアルイベントがなくなった虚無感

 

――まず、お二人の関係について聞かせてください。

 

北大路

面識はほぼないよね。一回会ったことがあるくらい?

 

成宮

そうですね。ライターの村田らむさんが主催で、私がMCで参加している「ゲンバシュギ」というイベントに、一度ゲストに出ていただきましたね。実は、北大路さんの作品はもちろん顔ファンでもあるので、ゲストに来るって聞いたとき、ちゃんとしゃべれるかな……と思った記憶があります(笑)。

 

北大路

そうなんだ(笑)。僕も朗読が好きだから、(朗読ライブなどの活動をしている)成宮さんのことは気になっていました。

 

成宮

そうですか、うれしいです!

 

 

――お二人ともイベント出演を積極的にされていましたが、コロナ禍でどのような影響がありましたか?

 

北大路

やっぱり、イベントはほぼ中止になっちゃったね。僕は今年、『見えない傷』『加藤楸邨の百句』の2冊を出したんだけど、両方ともイベントができなかった。人を集められなくなったのが結構ショックでね。手売りで直接本を渡したり、感想を聞いたりすると、「やっと本を出せたな」って実感があるんだけど、それがないから、ものすごく空しかったな。

 

成宮

私も10月に、詩集『伝説にならないで』から4曲を収録したEP『伝説にならないで』をリリースしたんです。もともとは4月に出して、ツアーも回る予定だったのが、緊急事態宣言が出て中止になってしまって。EPはオンラインストアで販売しているのですが、直接ライブで朗読をして、対面で販売することができなくなったのは、壁に向かって「新しい作品を出しました」って言ってるみたいな虚無感がちょっとありました。


北大路

そうなんだよね。句会も、僕たちはオンラインでもやってるけど、集まりづらくなってしまった。集まってしゃべるのもガス抜きになっていたけど、今はテレビだけが友達っていうお年寄りが増えているみたいで、かわいそうだよね。いまからオンラインを覚えるのも大変そうだし。人と会わないと一気に老けこんじゃう。

 

俳句は座の文学だから、人が集まったらいけないってなると、活動のベースが壊された感じがする。俳句を作ることさえむなしくなってきてしまった。Twitterも止めちゃったし。

 

成宮

アカウントがなくなってましたね(笑)。

 

北大路

みんな嫌になっちゃった。ストレスで酒の量も増えたし、そういう意味ではちっちゃな自殺だよね。一歩ずつマイナスな方を選びがちになってしまう。

 

成宮

私がEPを出したのも、伝説にならずに済む世界になってほしいと思ったからです。私の周囲でも、死にたいという声を聞いたり、SNSでは自殺配信がRTされたり。コロナに加えて、有名人が命を絶ったっていうニュースで、死に引っ張られがちだなと感じました。

 

本当はもっと発売延期を考えていたのですが、アレンジをしてくれたエンジニアの方から、「今届けないと、間に合わない人もいる」って言われて、確かにそうだなと。音源なら、私が現場に行かなくても届けられるので。