【後編】出版後はテレビ出演や講演オファーが続々!?電子出版で本を出すメリットをプロに聞いてみた

※前回の記事はこちら

 

電子出版には在庫を抱えないメリットがある。

 

ーー次に本を出版したい人にとって、電子出版で出版するメリットを教えてください。

 

まず絶版になりません。紙の場合は売れなくなると、絶版といって、もう二度と刷ることができなくなる。電子出版であれば絶版がない。なぜなら、電子書籍もオンデマンド本も配信するストアがデータを保有しているので、「在庫」という概念がなく、保管場所を持たなくて済むからなんです。

 

 

――もう少し詳しく教えてください。

 

紙の出版のデメリットは、「在庫ビジネス」だという点です。最終的には、印刷して本の形にして「在庫」を持ちます。本ができ上がったら、本を保管する場所代や問屋(取次)に送るための郵送費、売れなかったものが戻ってきてしまったら、それを廃棄するのにもかなりのお金がかかります。

 

電子書籍はデータなので、こういったデメリットが全くない。絶版がないから、一生、出版し続けられることができます。「紙で欲しい!」という方がいた場合、注文が入ったら印刷する「オンデマンド出版」で、紙で販売することが可能です。在庫がないのに、紙の本が届くってすごくないですか?

 

ちなみに、アマゾンなら在庫がある書籍と同じスピードで届きます。翌日ですよ! 先日、海外在住の方が、わざわざ日本のアマゾンで購入してくれたそうですが、購入してから3日で届いたそうです(笑)。

 

 

ーー無駄な紙を作らないという点は、環境面にも優しいですね。実際に電子出版した著者には、その先にどんな道が開かれることがあるのでしょうか。

 

紙の本の出版が決まったり、講演やテレビ・ラジオ出演の依頼が来たりすることもあります。セミナーの受講者が一気に増えた例もありますね。書籍を出す前は、受講者が月100人だったのが300人になったり。場所も5~6箇所だったのが、30箇所に増えているそうです。この間もなんかあったなぁ〜……ありすぎて忘れちゃいました(笑)。

 

 

ーーなんだか夢がありますね。そういった効果を狙って、電子出版をしたい! という方も多いと思うのですが、特別な経験のない人でも出版することは可能なのでしょうか?

 

ん〜、それはどこを基準にするかによりますね。例えば自費出版だったら、KDP(キンドルダイレクトパブリッシングの略)という個人向けサービスを利用して、誰でも出版できます。もし商業出版で発行するとなると、誰でもっていうのは難しくなります。「その本が売れるものなのか?」という審査は、必要になります。

 

 

ーーなるほど。商業出版で、企画が通る基準やポイントはどこに置いているのでしょうか。

 

電子だから、紙だから、って企画書の内容が変わるっていうのはありません。ものすごくまとめてしまうと、「読者がお金を払ってでも読みたい企画なのか」がポイントになってくるかと思います。この人の本だから読みたいとか、この内容だから読みたいとか。

 

電子と紙で違うとすれば、読者がその本にたどり着くための「キーワード」が入っているか、は大事になってきます。アマゾンで本を買おうとしたとき、本のカテゴリーの検索欄で読者がどんな単語を入れるかを考えながら、企画を立てるというのも紙との大きな違いです。

 

 

ーーそれはSEO的なもの、ということでしょうか。

 

そうですね、アマゾン内のSEO対策ですね。ネットの書店で売れ続けるためには、このテクニックが必要になってきます。どんなに良い本でも、最終的にキーワードが弱いと思ったほど売れないんです。本屋さんみたいに、実物を手にとって「あ、これいいな」っていう偶然の出会いで買ってみようというシーンが、ネットではなかなかないので。

 

 

ーーでは、電子出版で出版したいと思っている人は、まず何をするべきでしょうか。SNSで有名であるなど、実績があった方が有利ですか?

 

電子に限らず、出版したい人は誰かに見つけてもらわないといけません。SNSやYoutubeとか、手段は問いませんが。ただその後も、書籍にしたときに「ちゃんと中身のあるコンテンツか?」も大事です。SNSで有名だけど、いざ文章を書いたら中身がスカスカではちょっと(笑)。