【前編】出版後はテレビ出演や講演オファーが続々!?電子出版で本を出すメリットをプロに聞いてみた

読みたい本があれば、紙の本を買っていた。出版と言えば、紙の本のことだと思っていた。これは私自身のことなのだが、同様の人は少なくないのでは? 正直、電子出版には強い関心を抱いたことがなかった。

 

「電子出版にはどんなメリットがあるのですか?」

 

“ビジネスパーソンを元気にする”というコンセプトを掲げ、電子書籍とオンデマンド本(※注文が入るたびに印刷する本)を組み合わせた出版を行なっているごきげんビジネス出版。その編集長である伊藤守男さんに疑問をぶつけてみた。見えてきたのは、電子書籍の想像以上の実用性や、環境にもやさしいオンデマンド本など、電子出版で著者デビューすることで広がる可能性だった。

 

 

スマホが使えれば誰でも読める電子書籍

 

伊藤守男さん プロフィール

電子出版という、ネット書店で購入できる電子版とオンデマンド本を組み合わせた出版方式で、国内唯一の商業出版を実現。 2012年からの7年間で、著者300名、発行数400タイトル、総ダウンロード数40万DL以上の実績を誇る。

電子書籍がきっかけで、35万部突破のベストセラ―作家も誕生させ、電子書籍マーケティングに強い国内屈指の編集者。また出版したい全ての人を応援する「日本一気軽な出版朝活」を毎月主催し、出版業界に関する情報提供や出版企画の発想法などをお伝えしています。

 

ーー電子書籍の初歩的なことからいろいろ教えてください。電子書籍はどこで購入できて、どんな端末で読むことができるのでしょうか。

 

まず販売場所ですが、アマゾンや楽天などのネットストア、書店のオンラインストア、最近ではヨドバシカメラのオンラインショップでも購入可能です。端末は、スマホでもPCでもタブレットでも、「どんなデバイスでも読めるよ!」って思っていただけると良いかと。

 

電子書籍が読める、ビューワーと呼ばれるアプリがいくつかあるんです。代表的なのがアマゾンの「Kindle(キンドル)」、楽天だったら「Kobo(コボ)」ですね。リアル書店でも、三省堂さんだったら「BookLive」、ジュンク堂・丸善さんは「honto」、紀伊国屋さんは「Kinoppy」というサイトで購入ができて、それぞれ専用のアプリをダウンロードすることで読めます。

 

 

ーーなるほど。初めて電子書籍を使う人は、端末は問わないけどアプリがないと読めない、という認識でいいのでしょうか。

 

はい。ただ少しマニアックな話になるんですが、キンドルAndroid用アプリでは買うことも読むこともできるんですけど、iOSは「読む」ことしかできないんです。買う・読むで分けると、実は端末の種類を選んでしまうところがあって。初めて電子書籍を買う人は知っておくといいのかなと。

 

 

――直球な質問なのですが、紙の本と比べたとき、電子書籍を買うメリットはどんなところですか。

 

本をいっぱい読む人、例えば月2~3冊以上読む人には電子書籍がおすすめです。なぜかというと、まず持ち運びやすい点ですね。何冊分にもなると本は重くなる。それを持ち歩かなくていいし、家では本棚を置く必要もないです。

 

基本的に安く買えるという点もメリットです。書籍がセールになることも、電子の場合は圧倒的に多いですね。僕も電子で読める書籍を、定価で買うことはほとんどなくて。安くならないと買わないです(笑)。あと、定額で読めるサービスがあるのも電子書籍の良いところかなと。