【前編】『月に吠えらんねえ』清家雪子先生も登場!石川近代文学館「うたえ!□街の住人たち」

1

 

石川近代文学館で11月29日まで開催された企画展、「うたえ!□街の仲間たち!」。この企画展では、月刊アフタヌーン(講談社)で連載中の漫画『月に吠えらんねえ』の出力原画や、主要登場人物のモデルとなった作家たちの文学資料が数多く展示されており、話題となった。

 

10月24日には、清家雪子先生のサイン会とトークイベントが開催された。清家先生がファンの前に初めて登場する貴重な機会!そして全国から熱いファンが集結するであろう記念すべき日!!このチャンスを逃すわけにはいかない!!

 

ということで、月吠え愛読者ライター・ささ山は金沢に行ってきた。

 

展示の裏側にある汗と涙…

 

5

 

イベント前日の10月23日、前夜祭として学芸員・Oさんが展示の解説・案内を行う「ギャラリートーク」が開かれた。参加者は約30名(もちろん、ささ山も参加した)。会場である2階の展示室前の廊下には、すでに萩原朔太郎の初版本や、清家先生直筆の色紙が展示されている。展示品の数が多いため、展示室内におさまりきらなかったとのこと!

 

Oさんによると、今回の企画展開催のカギは、昨年5月~9月にかけて行われた企画展、「『月に吠えらんねえ』刊行記念 室生犀星と□街の仲間たち」の反響の大きさにあったという。

 

小規模ながら全国の熱いファンが集結し、アンケートにはびっしりと思いを綴るファンが続出。ファンの声援を直に受けて、もっと規模を大きくしようと予算を取り付けるべく大奮闘。その結果、規模を拡大した今回の展示に至ったそうだ。

 

ファンの皆さんが思いを惜しみなく届けたこと、それをしかと受け取った石川近代文学館様の情熱があっての本イベント……まだ展示室に入る前なのに筆者の涙腺は刺激される。

 

展示室の中に入ると、壁には『月に吠えらんねえ』の原画を発見!と思いきや、「出力原画」と書かれている。Oさん、「出力原画」とはなんですか?!

 

「清家先生はパソコンで作画をされているんです。だから紙の原画というものは存在しないんですよ」

 

なるほど……!展示されている原稿は、編集担当を介してデータを借り、実際の原稿と同じサイズで出力したもの。さらに写植(台詞の活字化)は学芸員さんたちの手作業という涙ぐましい労力の結晶……!!本当に本当にお疲れ様です……!泣