前橋文学館・萩原朔美館長が禁断の質問!?「月に吠えらんねえ」清家雪子先生との対談レポート

 

9月16日(土)、前橋文学館にて、萩原朔美館長と『月に吠えらんねえ』作者の清家雪子先生の公開対談が行われた。本イベントは、「詩集『月に吠える』100年記念展――ここからすべてがはじまった」および『月に吠えらんねえ』展の特別企画として開催。

 

もともとは先着100名限定だったが、応募者が殺到してすぐ定員に達したため、会場の外に映像観覧席が急遽設けられたほどの盛況具合だった。

 

 

対談開始時刻になると、朔美館長と清家先生が登壇。向かって左手には萩原朔太郎の血筋を引く朔美館長。そしてその隣には萩原朔太郎の作品から受け取ったインスピレーションに命を吹き込み、朔くんを生み出した清家先生。そんなお二人の共演が目の前で現実に……。改めてすごい企画だ。

 

左にいらっしゃるのが清家先生。プチ文壇バーのマスコットキャラの月子さんでお顔を隠させていただいております。

 

対談開始直後、朔美館長は若い女性が大半の会場をぐるりと見渡し、「(企画展の開催以来)こんな風に毎日若い世代の人が来てくれているのは、前橋文学館ができて以来初めて。本当に励みになります」と笑顔でコメント。清家先生も、「朔太郎記念館が文学館の近くに移ってから初めて(前橋文学館に)来ました」と感慨深げな様子だった。

 

和やかな雰囲気で対談が始まるかと思いきや、朔美館長はいきなり「今日は清家先生の秘密を暴いていきます!」と宣言。何を隠そう朔美館長は「文学館に必要なのはハードロック」がモットー。既定路線をどこまでぶち壊すのでしょうか……と勝手にドキドキしつつも、まずは『月に吠えらんねえ』の構想のお話に。

 

漫画家になる前には学者を目指していた

 

朔美館長の「この漫画を描いたきっかけは?」という質問に、「本当に思いつきなんです」と答える清家先生。大学時代に図書館の本をすべて読破しようと思い立ち、日本の近代詩も手に取っていく中で、朔太郎に最も強く引かれたという。そのときの記憶が突然よみがえり、「月に吠えらんねえ」の構想になったことを明かした。

 

それを受けて朔美館長は、「18歳の頃に朔太郎の詩を読んで良いと思ったの!? 珍しいですね」と驚いた様子。清家先生は、同時期に哲学やドイツの詩も好んで読まれていたそうで、「朔太郎さんの好きなニーチェやショーペンハウエルも好きでした。朔太郎さんとも通じる、暗い感じのものが好きだったのかもしれないです」と振り返る。

 

そして話題は、『月に吠えらんねえ』展でも紹介されている、おびただしい参考文献の話題に。「あれだけの参考文献を読むなんて、学者のようですよね」と言う朔美館長に、清家先生は本当に学者を目指していたことを明かす。

 

「学生時代は日本史の研究をしていました。本を読むことや、学ぶことが面白くて。ただ、『研究』と『なんでも本を読むこと』は全然違う世界でした。こっち(研究)じゃないと思ったときに、次に好きなものは漫画だと思い、『月刊アフタヌーン』に投稿したら、運良く賞をもらえたんです」と、漫画家デビューを果たした当時を振り返った。

 

朔美館長も気になる!月吠えの結末は…

 

続いて、キャラクター造形にあたってどのくらいの本を読んでいるのか、という朔美館長の質問に、「キャラとして登場していて、全集が出ている人は全部読んでいます」と清家先生。これには会場も騒然!「半端な量じゃないですよ! 清家さんが神々しく見えてきますね」と朔美館長も唖然としていた。

 

清家先生によると、「月に吠えらんねえ」のキャラクターのインスピレーション元は、文学作品だけでなく、随筆も日記もすべて入っている全集の印象なのだという。

 

すると、朔美館長が「犀は何で顔がないの?」と核心に迫り、会場がザワつく場面も。しかし清家先生は動じず、「そこは犀星さんの詩のイメージというよりは、漫画の物語上の仕掛けですね。理由は追々明かされますので、楽しみにしていてください」とやんわりかわしていた。

 

その後も朔美館長は、「最後どうなるんですか?」「朔は死にます?」「たぶん死ぬな」と、結末が気になって仕方がない様子。清家先生は最後まで、「どうでしょう?」と笑顔ではぐらかしていた。

 

また、クリエイター同士の視点で明かされる制作裏話もたっぷり。「昔のフランス映画を一時期よく観ていた」という清家先生から、映画のカット割を漫画で真似していたというお話が出ると、朔美館長は「背中の場面がよく出てくるから、背中が好きなのかなと思った」と指摘する。

 

それを受けて、清家先生は「指先や足のアップも多いと思います。あと会話する場面が多いので、飽きさせないように。カメラをここに置いて、とか考えますね」と回答。

 

「サイパンの場面では、サイパン戦で実際に使われている兵器を出していますが、一方でその時代にないものをふつうに描いていたりする」と、ご自身でもこだわるポイントがわからないと話す清家先生。普段はあまり聞けない作画の話に、会場中が引き込まれる。