ハマる“ことば”の見つけ方 歌人×作詞家クロストークイベント

「表現方法を選ぶのは、結婚相手を選ぶようなもの」――。

 

こんな発言が飛び出したのは、2016年7月3日に開催された、現代歌人・伊波真人さんとアニソン系作詞家・hotaruさんによるトークイベント「声に出すと気持ちいい“ことば”とは?」でのこと。

 

ご自身の“結婚相手”に「短歌」を選んだ伊波さんと、「歌詞」を選んだhotaruさん。お二人は、それぞれの表現方法において、どのように“ことば”を見つけているのでしょうか? そして、自分に合った“結婚相手”との出会い方とは……?

 

声に出すと気持ちいい“ことば”って?

―「詠む」短歌と「歌う」歌詞、どちらも「声に出してみたときの気持ちよさ」が重要な表現方法だと思います。お二人にとって「声に出すと気持ちいい“ことば”」って、どういうものなんでしょうか?

 

伊波:短歌って、「韻律」っていうメロディー的なものがあって、これがすごく大事なんです。書いている途中で声に出してみると、「韻律」のよしあしがわかりますね。

 

僕は短歌を作る際、頭の中に波形を描いています。上下の揺れが均等になっていると、韻律がなめらかになって気持ちがいいので、それに近づけるイメージで。激しいものを表現したいときは、あえてなめらかな波形からずらしたりします。

 

hotaru:歌詞も「歌う」というのが前提のものなので、声に出すっていうのは大切ですね。ただ、どんなことばが気持ちいいのか、っていうと難しいんです(笑)。「一音一音ぴったりハマっているのに、なぜか聞こえが悪い歌詞」、ってあるんですよ。

 

なんでかな、って突き詰めて考えると、単純に、「滑舌的に言いづらい」「同じ母音が続いちゃってる」とか、細かいところが原因になってくる。僕はそういう、音のハマり方とか気持ちよさを優先するほうなんですけど、歌詞の意味を優先するタイプの人もいて。

 

結局、自分の感覚が大事ですね。これまでどういう歌を聞いてきて、どういう歌詞がいいと思うのか。「あ、こういう風にことばが乗ったらいいな」っていう感覚を身に着けてる方は、音のハマりをきれいにできるんじゃないかな。

 

伊波:僕も最近、作詞の活動も始めたんですが……作詞の場合、まず楽曲が決まっていて、「長音」ってものがありますよね。楽譜で言うとスラー。そこってやっぱり、「発音したときに伸ばした音になることば」のほうがハマりやすいんですよ。短歌にはそういうことがない。これは、短歌と歌詞の大きな違いの一つでもあると思います。

 

hotaru:要はメロディーがあるかないか、ってことですよね。短歌にもことばの「区切り」という制約があるけど、歌詞はそこに「音の長さ」や「音程」といった制約が加わる。
伊波:作詞は、楽曲のリズムとメロディーに、「どういう言葉を入れたら気持ちいいかな」っていうのを探っていく作業だと思うんです。短歌には「区切り」、つまりリズムは最初からあるけど、メロディー、つまり「韻律」は、自分で作らないといけない。短歌は作曲もしないといけないっていう感じですね。

 

 

―作詞では、楽曲の「音程」にことばを合わせるということもあるんですか。

 

hotaru:めっちゃありますよ。特に日本語って、音で意味が変わることがあるじゃないですか。「橋」と「箸」とか。「橋」でいきたいのに、曲の音程的に「箸」にならざるをえないと、意味が変わって聞こえちゃう。そういうのは気にしてます。

 

 

―短歌でも歌詞でも、声に出すうえでは「韻律」、つまりメロディーが大切になってくるとのことですが……「押韻」についてはいかがですか?

 

hotaru:みなさんが思ってる、いわゆる「韻」って、文章の終わりで踏む「脚韻」のことですよね。でも韻っていろいろあって……頭で踏む「頭韻」とか、半ばで踏む「中間韻」とか。英語だと子音だけで踏むとか。

 

その中で、聞き手に伝わる範囲でできることっていうと、「二行丸ごと踏む」とか(笑)。それをやったのは、去年1月の「美男高校地球防衛部LOVE」っていう、とてもふざけたアニメのOP曲。
ただ、韻って踏みすぎると、どんどん意味が弱くなっていくんですよね。韻の方が目立っちゃって、中身が伝わらない。韻じゃなくても、音にきれいにハメすぎると、ことばがさらっと流れちゃったりする。だから、歌詞の意味を伝えたいときは、わざと音にハマらないようにすることもあります。

 

hotaru:MYTH & ROID「STYX HELIX」(注:『Re:ゼロから始める異世界生活』ED曲)では、1・2サビでは英語詞だった部分を、あえて3サビだけ日本語にしました。これまでの流れを壊し、歌詞に注意を引き付ける効果を狙ったんです。

 

アニソンとはいえ、ひとつのアーティストらしい普遍的なメッセージを入れたい、とずっと思っていて。アニメの中だけではない普遍性、アニメを見ていなくても意味が届くような箇所を、どこかに入れるようにしています。

 

伊波:僕も、韻にはとても気を使っていますね。例えば、「角川短歌」2015年4月号に寄稿した、「あまたある花言葉にもない気持ち抱えてあゆむ春の舗道を」。これは頭韻なんですよ。「ア音」で踏んでる。実はこの歌、韻を踏もうと思って踏んだわけじゃないんですけど(笑)。

 

気持ちいいところを探っていったら、自然と頭韻が多めになっていたので、すべて頭韻に揃えました。「音の気持ちよさ」と「韻」って、密接な関係にあるんじゃないかと思いますね。

 

自分に合った表現方法とは?

 

―メロディー・韻律以外の「短歌と歌詞の違い」って、なんだと思いますか?

 

hotaru:内容が全然違う。文学だと思うんですよ、短歌は。こっちは、流行歌なんですよね。だから表現の仕方が全く違ってくる。僕の詞の場合は、ある程度の輪郭を提示して、「こういう意味なんだよ」って誰が見ても分かるようにしたり、ユニークな言葉を使っておもしろくしたりします。
伊波:つまり、受け手が誰か、ってことかなと。短歌って自分のためにつくるものだと思うんですよ。ただ音楽っていうのは、基本的にはリスナーのためのものだから、リスナーのために書く。そこが違い。
hotaru:たしかに。今だと、「バズらせたいな」っていうのもあるんですよ。ツイッターとかで、リスナーさんに、「この曲のこの部分がいい」「この言い方マジうける!」っていう感じで切り取らせたい(笑)。だから、なるべく短いフレーズで、切り取られやすいように考えてますね。印象に残るようなフレーズを絶対どこかに入れるとか、長くなっちゃうところを、フレーズで分けるように書き換えるとか。

 

―短歌・歌詞をはじめ、数多ある「ことばを使う表現」の中で、自分に合った媒体をみつけるにはどうしたら?

 

伊波:やってみるしかない。

 

hotaru:仕事としてやるなら、「やってみて評価されたもの」ですね。

 

伊波:「日常生活の中で何が気になるか」っていうのも大事だと思いますね。表現を選ぶのは、結婚相手を選ぶようなもの。たとえば、日常の中のちょっとしたこと、ディティールが気になっちゃう人は、そういうものを表現できる短歌が向いてるかな。

 

hotaru:僕が作詞家として仕事をしていてよく言われるのは、「入り込むタイプだよね」。キャラクターソングとか、キャラになりきって書くものだと特にそうですね。
結婚相手を選ぶには、他人の意見も大事じゃないですか。人に求められることの中で、一番力が発揮できるものを選ぶのが、効率がいいかなと。
伊波:あとは、いろいろやってみた中で、最後まで、「やろうと思わなくてもついやってしまうもの」かな。

 

hotaru:それは間違いないですね。好きこそものの上手なれ。

 

結婚相手を交換!?

「やってみるしかない!」ということで、なんと今回、伊波さんは歌詞、hotaruさんは短歌と、お互いの表現方法に挑戦していただきました。使用したモチーフは、「青春文芸アニメ『つきほえっ!』」(※架空のアニメです)。
【テーマ曲(作曲:aor)】

 

【ストーリー】
月吠(つきほえ)高校に入学した元引きこもりの主人公・作太郎(さくたろう)は、幼なじみのふみ子に強引に誘われ、弱小文芸部に入部。自信家の2年生・あき、クールな3年生・式(しき)という個性豊かな仲間と共に、”高校生文芸甲子園”に向けて奮闘することに。目指せ、高校生文芸マスター!

 

まずは、作詞家・hotaruさんが短歌を披露。

 

手紙とは違う言葉を探すほど広がっていく行間の幅

「踊れません」そう言うきみの朗読は言葉が跳ねてピンポンのよう

消してきた言葉がすでに何万字 眠れぬ夜の眩しい星よ

 

「初挑戦とは思えないほどお上手!」と大絶賛の伊波さん。会話体・1字あけ・詠嘆といった短歌のテクニックが駆使されており、「おさまりのよさを重視する、作詞家らしい視点」が生きているのではないか、と指摘。

 

内容についても、「短歌は景色に感情を投影できるものなので、ネガティブな状況ならネガティブな景色を詠むことが多い。けれど、三首目では『眠れぬ夜』なのに『眩しい星』としていたりと、全体的に、ネガティブとポジティブのコントラストが際立っているのが特徴的ですね」とコメント。

しかしhotaruさんは、短歌を作ってみて、「文学にならない」と感じられたとか。「伊波さんのように、答えを出す2,3歩手前で立ち止まる感じ、ができない。やっぱり僕は、わかりやすく答えを出してしまう感性になってる。主戦場の違いかな、と思いますね」。

 

つづいて、歌人・伊波さんが歌詞を披露(以下のリンクより歌詞入り楽曲が聞けます)。

【「放課後のノベリスト」】

 

hotaruさんはまず、「全体を通して、よくある“J‐POP的な表現”になっていない。だけど、メッセージがちゃんとリスナーに伝わる、歌詞らしいわかりやすさもある」と、比喩表現の妙に触れられました。

 

また構成についても、「Aメロで明るい部分、Bメロで暗い・深い部分、サビで明るく前向きな歌詞を書く、というアニソン的セオリーにのっとっていますね。このままアニソンの歌詞として十分通用します」とコメント。

 

加えて、よりよくするためには、「『歌詞』という“言葉の無法地帯”を生かして『一見意味の分からないことば』を取り入れてみる」、「内容的に近い部分をぎゅっと一行に詰める」、「サビの頭に何か頭に残るフレーズを入れる」、などのテクニックがあることをお話しされていました。

 

創作をされている方は、いつもと違う表現方法に挑戦してみてはいかがでしょうか。自分の得意分野を再確認したり、応用できるテクニックを見つけたり、より自分に合った表現方法に出会ったり……あたらしい発見をする中で、いつか“結婚相手”に巡り合えるかもしれません。(取材・文 三七十)