読書会 ~ファンタジー小説編 もしも『第26回日本ファンタジーノベル大賞』が開催されたら~ ゲスト:西崎憲さん(作家・翻訳家)

画像:日本ファンタジーノベル大会

 

「日本ファンタジーノベル大賞」をご存知でしょうか? 同賞は1989 年に創設された文学賞です。受賞作には妖怪ブームの火付け役となった畠中恵の「しゃばけ」や、新たなファンタジーの流れを作り出した森見登美彦の「太陽の塔」、池上永一の「バガージマヌパナス」、銀林みのるの「鉄塔 武蔵野線」などがあります。「リング」シリーズで社会現象を巻き起こした鈴木光司を輩出したのも日本ファンタジーノベル大賞です。

 

しかし2013年、同賞は25回をもってその歴史に休止符を打つこととなりました。もし26回があれば、どのような作品が受賞したのでしょう? そこで今回の読書会では、ファンタジーのお勧め作品(自作品も可)をそれぞれが持ち寄って発表していきます。そして皆さんで意見を出し合い、幻の第26回作品を決定しようというイベントです。

 

もしも第26回が行われていたら、という前提ですので、自作品の紹介も可能です。また、ファンタジーの概念を拡大してきた同賞らしく「これがファンタジーなの!?」と既成のファンタジー観を壊してくれる作品の紹介も歓迎です。

 

ゲストとして、第14回日本ファンタジーノベル大賞(作品:世界の果ての庭)を受賞した、作家で翻訳家の西崎憲さんも来場されますよ!!

 

以下、詳細です。

 

日時

11/29(土)13~15時

 

場所

月に吠える
新宿区歌舞伎町1-1-10 新宿ゴールデン街G2通り
Webサイト

 

参加費

500円(1ドリンク付き)

 

定員

8名
※定員になり次第締め切りますので、早めにお申し込みください
※お申し込み後のキャンセルは極力控えてください

 

問い合わせ先

電話番号:080-8740-9958
メールアドレス:info☆moonbark.net

※☆を@に変更ください

 

お気軽にお申し込みくださいませ!!